ホーム | 日系社会ニュース | 栃木県人会=創立55周年の節目祝う=2百人が式典、賑やかに=坂本会長「若い力育てたい」

栃木県人会=創立55周年の節目祝う=2百人が式典、賑やかに=坂本会長「若い力育てたい」

ニッケイ新聞 2013年7月9日

 栃木県人会(坂本アウグスト会長)の『創立55周年式典』が先月30日に行われ、約200人の会員らが参加し晴れの日を祝った。功労者、高齢者の表彰が行われ、一人一人が福田富一県知事から贈られた賞状と記念品を誇らしげに受け取った。若者の出席者も目立った式典について、坂本会長は「彼らのような若い力が県人会を支えていく。私たちの役目は、彼らを引き込み育てていくこと」と決意を新たにした。

 同県人会は1958年、31人の会員によって県人の親睦、母県と在伯県人との連絡組織としての役割を目的に創立された。71年に旧会館を建設し、母県への留学制度の実施や各種イベントの開催など、積極的な活動を行ってきた。現在は、サンパウロ市ビラ・マリアーナ区に学生のための宿泊施設を備える会館を構え、約210家族の会員が所属する。
 当日は雨天の影響で、イビラプエラ公園慰霊碑前で予定していた先没者追悼法要が、会館での開催に変更された。
 法要後の式典では、大貫フェルナンド副会長の開会の辞に始まり、坂本会長、尾身千枝子婦人部長、横田エンリケ青年部長が挨拶に立ち、祝辞を述べた。県知事、県議会議長、県国際交流協会からの祝電も会員により披露された。
 80歳以上の28人が、高齢者表彰を受けたほか、長年に渡って会に貢献してきた3人には、功労者として特別表彰が行われた。
 功労者の一人で、通算30年以上に渡って副会長を務めてきた大貫為義さん(80、二世)は受彰を喜び、「栃木の会員は皆仲が良い。一人で出来ないことを大勢が協力し合って達成できる場を残していかなければ」と県人会の意義を語った。
 「活動が始まった当初は、人の数もイベントも少なかった」と感慨深げに話すのは、創立会員の館野忠義さん(75)。会館建設が会の活性化のきっかけだと述懐しながらも「これだけ長く続くとも、会員が増えるとも思いもしなかった」と嬉しそうに笑った。
 式典の後には昼食会が開かれ、老若男女多くの会員が懇談した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]