ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月11日

 50年前から「天谷」と付き合いのあるレジストロの福澤一興さんは、「天谷は昔から品質にうるさいキチンとしたところ。一旦沸かしたお湯を、80度まで下がるのを待って、ひとサジの紅茶を茶漉しにとって、サッと通して飲むと香りが出て最高に美味しい。お湯の中に漬けると渋みがでるので、通すだけにするのがコツ」と飲み方を指南した。今里さんは「お湯を沸かすときに、鍋のそこからブクブクと泡が出始めるでしょ。あの時がだいたい70、80度。そのお湯をサッと紅茶に通して、好みで砂糖やレイチを入れてもよし、レモンティーで頂いても最高」と薦めた。
     ◎
 ブラジル日系文学が、日本祭りでハイカイコンクールを実施する。今年はサンパウロ市のイッペー句会のほか、サントスの「カミーニョ・ダス・アグアス」、リオの「アグアス・デ・マルソ」の2句会も初参加し展示を行う。「俳句人口が減りつつある今、ハイカイにも力を入れて日本文化を守っていきたい」と張り切る武本憲二会長。
     ◎
 ブラジル日系文学の「日本祭り文化コーナー」には、例年、高浜虚子など巨匠や先生クラスの作品が中心に展示されてきた。が、今年は各句会などで活躍中の現役俳人・歌人の色紙や短冊が多数展示される。「自分やお友だちの作品が鑑賞できます」と会員の鈴木文子さん。知人の作品鑑賞ついでに、一句(首)ひねりに訪れてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年7月6日 大耳小耳  日本酒を販売することになった福島県人会。事前に船便で輸送したのだが、サントス港の通関は8日、まさに日本祭り開幕日と伝えられたそう。もちろん、それでは間に合わない。「日本祭りがサントス開催なら間に合ったんだけどね」と苦笑いの関係者。急きょ空輸を手配し、本番に間に合わせた。経費増 […]
  • 大耳小耳2014年10月9日 大耳小耳  県連代表者会議で正式発足した日本祭りの実行委員会。山田、市川両氏の続投に本橋幹久会長は、「役員との間に癒着があるのでは、との噂があるようだが絶対にあり得ない」と一蹴。また会議後の懇親会を重視し、活発に意見交換することで、「開けた組織作りを心がけている」とも。「日本祭り実行 […]
  • 大耳小耳2013年7月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月12日  サントスの日本語教室への取材は、ロドヴィアリアからタクシーで。やけに愛想の良い運転手だったが発進してもメーターをつけない。要求しても言い訳したり、話を変えるなど結局目的地までそのまま。請求金額は20レアル、「10分も乗っていないのに高い」と […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も2018年7月31日 日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も  県連日本祭り3日目の22日、ブラジル日本移民110周年記念式典が行われた大舞台では太鼓演奏や歌謡曲、マジックなど多くの日本伝統芸能が発表された。  舞台コーディネーターを務めるボランティアのマツシタ・ローザさんが全ボランティアに顕彰を行なうなど、感動的な場面も見られ […]