ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月11日

 50年前から「天谷」と付き合いのあるレジストロの福澤一興さんは、「天谷は昔から品質にうるさいキチンとしたところ。一旦沸かしたお湯を、80度まで下がるのを待って、ひとサジの紅茶を茶漉しにとって、サッと通して飲むと香りが出て最高に美味しい。お湯の中に漬けると渋みがでるので、通すだけにするのがコツ」と飲み方を指南した。今里さんは「お湯を沸かすときに、鍋のそこからブクブクと泡が出始めるでしょ。あの時がだいたい70、80度。そのお湯をサッと紅茶に通して、好みで砂糖やレイチを入れてもよし、レモンティーで頂いても最高」と薦めた。
     ◎
 ブラジル日系文学が、日本祭りでハイカイコンクールを実施する。今年はサンパウロ市のイッペー句会のほか、サントスの「カミーニョ・ダス・アグアス」、リオの「アグアス・デ・マルソ」の2句会も初参加し展示を行う。「俳句人口が減りつつある今、ハイカイにも力を入れて日本文化を守っていきたい」と張り切る武本憲二会長。
     ◎
 ブラジル日系文学の「日本祭り文化コーナー」には、例年、高浜虚子など巨匠や先生クラスの作品が中心に展示されてきた。が、今年は各句会などで活躍中の現役俳人・歌人の色紙や短冊が多数展示される。「自分やお友だちの作品が鑑賞できます」と会員の鈴木文子さん。知人の作品鑑賞ついでに、一句(首)ひねりに訪れてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 和楽器トリオ「結」2015年5月29日 120周年文化事業が続々と=基金も音楽家3組招へい=『るろうに剣心』作者来伯=有名アーティスト次々に  日ブラジル交樹立120周年を記念して、様々な日系団体が事業を企画している。国際交流基金サンパウロ文化センターでは和楽器トリオ「結」、ジャズピアニストのクリヤ・マコト、世界的バイオリニスト五嶋龍3組の音楽家の全伯ツアーを予定するほか、大ヒット漫画『るろうに剣心』(ポ語題「S […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2014年4月24日 サントス日本祭りに2500人=地元と共に食や舞踊で楽しむ ニッケイ新聞 2013年12月5日 サントス最大の日系イベント「第5回サントス祭り」が同日本人会(関谷アルシデス会長)により、11月30日から2日間、同会館で行われた。のべ約2500人が来場して、日本食などの出店、ステージの出し物、生花・書道のワークショップを楽しんだ。 同日 […]