ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月11日

 2008年の百周年時には、多くの記念事業が行われた。できるかぎり取材に行ったし、写真、手紙などで寄せられた情報を元に記事化したものも多い。まあよくもこれだけ—と嬉しいやら呆れるやらというほど、各地で日伯友好の百花繚乱といった感じだった▼1回だけの一過性のものも多いだろうし、記念プラッカが持ち去られたなど淋しい話も聞く一方、着実に続いているものもあるわけで、先日訪れたサンパウロ州アグアス・デ・サンタバルバラの「ハーモニーの森記念祭り」もそうだった。百周年時に作った公園を落成させ、祭りも毎年行われている▼多くの町で日本庭園が作られたわけだが、この町の日系人らは「日本にこだわらない庭園を」と様々な木々を植樹することで、移民国家ブラジルを表現した。そうした態度こそ、まさに日本人が美徳とする調和(ハーモニー)なだけに妙に感じ入った▼祭り自体は、人口6千人の町だけにささやかなものだった。「おら東京さ行ぐだ」ではないが、サンパウロからのバスは一日二本。温泉はあるが観光地化されておらず、何とものんびりした田舎町。雨にもたたられ人出は少ないものだった。それもあってか、教会の前の広場に響く琴の音はなかなかに風情のあるものだった▼市としても祭りを盛り上げたいようなのだが、その術を知らないといった様子だった。こうした動きにコロニアが対応できる仕組みができればいいのだが—と、これだけは絶対にあるヤキソバを頬張りながら思ったものだ。華やかではないが、こうした地道な動きも紙面で紹介していければと、百周年から5年目を迎えた今年、改めて思った。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]