ホーム | コラム | 樹海 | 井戸を掘った人達を忘れるな

井戸を掘った人達を忘れるな

 15~16日に開かれたサンパウロ州最大のカラオケ大会「パウリスタン」の開会式で、憩の園の佐藤直会長が、「入居者の多くは現在の日系社会の基礎を作って下さった方達」という趣旨の発言をされたのが心に残った▼日本移民112年だから、今年が100周年にあたる県人会もあるだろう。ブラジル到着60周年を機に、幕を閉じるという同船者会もある。各先人達が、想像を絶する苦労をしてこられた事などを思うと、熱いものが胸にこみ上げてくる。ブラジルで暮す日本人や日系人にとり、一世や二世が苦闘の末に築いてくれた日系社会の存在は大きく、日本語や日本文化の重要性とそれを伝えていく必要性を感じる事も多い▼9日に開催された、日本人移民顕彰のショーは、回数を1回増やして会衆の求めに応じた。近所の日本人会の方からも、演芸会では敬老の対象となる大先輩達にもなじみのある曲を歌うといった配慮が出来ないかとの声が上がっている。この日本人会ではイベントの際に先人達の写真展示を行うなど、それなりの敬意を表していると思っていたが、ご本人達は新しい曲ばかりが歌われるなど、寂しい思いをしておられたのかと気づかされた事だった▼先人達の業績などについて考えていた時、中学生の頃に読んだ「水を飲む時は井戸を掘った人の事を忘れてはならない」という言葉を思い出した。アフガニスタンで銃撃された日本人医師の中村哲氏は、砂漠化した土地に水を引き、現地の人々にとり、忘れられない存在となった。目に見える井戸や水路はなくても、先人の苦労や業績、恩を思い起こす機会はそれなりにあるはず。折りに触れて感謝と敬意を伝えたいと、改めて思う。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 世界が本当に小さくなった…2020年3月12日 世界が本当に小さくなった…  このところ、世界が本当に小さくなったと思わされる事が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大や、世界大の株式暴落もその中の一つだ。  かつての日本移民は荷物と共に、船で何十日もかけてやって来た。それが飛行機による移民になり、本人達が着いた後、船便の荷物が追いかけて来るように […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」2020年3月3日 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」  ちょっと心を洗われるコラムを読んだので、紹介したい。生物学者フェルナンド・レイナッキ氏がエスタード紙2月22日付に書いた「(Mundo de oportunidade(機会ある世界) […]