ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年7月16日

 空軍機を頻繁に利用しているのは議長だけではない。閣僚たちも〃乱用〃している。パディーリャ保健相は今年前半だけで110回も利用しており、堂々のトップ。主に自宅のあるサンパウロへの移動に利用しているようで、「SUSに関する打ち合わせが全国であるため航空機が必要」と補佐官は説明している。以下、ピメンテル商工開発相の101回、カルドーゾ法相の91回、レベロスポーツ相の81回、テーメル副大統領の78回、アモリン国防相の68回と続く。
     ◎
 サンパウロ市南部カンポ・リンポのバス・ターミナルに陽気な名物運転手がいる。ルイ・アウヴェス・ダ・シウヴァさん(50)は数年前から、次の停留所を乗客にアナウンスするサービスを行っているが、地名だけにとどまらず、スーパーや教会までを粋なジョーク混じりに伝え、ときにはバス・サービスに関する歌まで即興で歌いはじめるという。「サンパウロ市バスの不親切なイメージを払拭したかった」という同氏には、今や「たとえ座れなくてもルイのバスなら乗る」「(渋滞のひどい)金曜日は彼のバスで癒されないと嫌だ」と言うファンまでいる。中央部のラモス・デ・アゼヴェドまで運行しているのがルイ氏のバスだ。
     ◎
 日産自動車は、かつて一世を風靡したが、1981年以来生産を止めていた小型車の「ダットサン」を新興国で再生産しようとしており、15日同社のトレバー・マン副社長が、発売先としてブラジルを有力視していると発表した。ダットサンが記憶に残っている人がかなり少なくなっているが、ブラジルでの反応はいかに?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 東西南北2017年5月30日 東西南北  サンパウロ市地下鉄4号線において、「第3弾建設計画」で建設を期待されていたシャッカラ・ド・ジョケイ駅とラルゴ・ド・タボアン駅が、少なくともジェラウド・アウキミン現サンパウロ州知事の任期中の2018年中には建設に取り掛からないことが明らかにされた。この2駅の建設案は2012年に […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年10月25日 東西南北  20日、大サンパウロ市圏グアルーリョス市ピメンタス区の空き家で、20年ほど前から行方不明となっていたアルマンド・ベゼーラ・デ・アンドラーデさん(36)が発見された。アルマンドさんはベッドがあるだけのトイレ付の部屋に閉じ込められており、この家の近所にいるはずの麻薬の運び屋を捕ま […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]