ホーム | 日系社会ニュース | 邦楽グループ『和力』=日本祭りで舞台を披露=サンパウロ市文化センターでも

邦楽グループ『和力』=日本祭りで舞台を披露=サンパウロ市文化センターでも

ニッケイ新聞 2013年7月16日

 国際交流基金(深野昭所長)が邦楽グループ「和力」を招聘し、19日から3日間、サンパウロ市で公演およびワークショップを行う。いずれも無料。
 日本各地の民俗芸能と伝統芸能を礎に、現代的な舞台芸能を創造している邦楽グループ。イギリス、アメリカ、韓国など海外でも活躍中。
 加藤木朗(かとぎ・あきら)、木村俊介、小野越郎、池上眞吾、加藤木磊也(らいや)さんら5人の演者が津軽三味線、笛、太鼓、琴など和楽器を使い、「こまの曲芸」「獅子舞」「鶏舞」などユニークな舞台を披露する。
 公演日程は以下の通り。19日はサンパウロ文化センター(Rua Vergueiro, 1000)で午後8時から。無料チケット配布は午後6時〜。21日は県連日本祭り会場で開催。午前11時50分から中央舞台(Palco Principal)、午後3時半から文化舞台(Palco Cultural)で。
 ワークショップは20日午後5時から、サポペンバ区文化センター(Rua Augustin Luberti, 300)で開催される。
 問い合わせは同基金(11・3141・0110、内線13/杉田さん)まで。

「和力公演」変更のお知らせ(18日)

 邦楽グループ「和力」の公演日程が一部変更になった。日本祭り会場の中央舞台での公演予定は「20日午前11時50分」からだったが、「21日」の同時間に変更された。

image_print

こちらの記事もどうぞ