ホーム | 日系社会ニュース | 全伯陸上競技大会=日伯選手650人が出場=96歳の選手も大健闘

全伯陸上競技大会=日伯選手650人が出場=96歳の選手も大健闘

ニッケイ新聞 2013年7月19日

 日系アナスピ・ベテラーノ会(宮村憲治会長)は『第12回全伯陸上競技大会』を6月1、2の両日、サンパウロ市イビラプエラのバス・ギラマンエス競技場で開催した。
 サンパウロをはじめ、セアラー、ペルナンブッコ、アマゾナス各州など遠方からも35チーム650人が出場し、30〜90代までの幅広い年齢層が5歳区切りのカテゴリー別で競った。
 96歳で最高齢の同会会員の高木広太郎さんは、百、二百米走で大健闘。同じく96歳で、百米走やハンマー投げ等の世界大会チャンピオン、フレデリッコ・ヒシェルさんも百米走に出場して達者な姿を見せた。
 大会結果は次の通り。
【団体結果】括弧内は点数。1位=アナスピ(2228)、2位=イビラプエラ(797)、3位=パラナエンセ(714)、4位=サンパウロクラブ(623)、5位=アラマサンクラブ(607)。
【新記録 男子の部】▼10キロm=前堂セイジュン(85歳、1時間12分)、ジョン・リンス(50歳、34分11)、▼100m=妻沼タケオ(60歳、13秒1)、リカルド・デ・オリベイラ(45歳、11秒30)、アデリアーノ・ペ・ソウザ(40歳、11秒20)▼槍投げ=松島タクミ(80歳、35m92)▼円盤投げ=松島タクミ(80歳、30m51)
【新記録 女子の部】▼100m=清水ミツ(80歳、19秒13)▼200m=後島ミナコ(75歳、39秒51)▼400m=中原田スエコ(65歳、1分21秒93)、田村ケイコ(60歳、1分21秒30)▼円盤投げ=バンダ・ド・サントス(80歳、13m80)、東クミコ(80歳、10m63)▼ハンマー投げ=井本スミコ(75歳、8m47)▼砲丸投げ=井本スミコ(8m17)▼槍投げ=中島トモコ(65歳、21m73)▼80mハードル=白旗リヨコ(65歳、29秒80)。

image_print

こちらの記事もどうぞ