ホーム | 日系社会ニュース | 日本語センター=汎米教師研修がスタート=18人が「協働」テーマに

日本語センター=汎米教師研修がスタート=18人が「協働」テーマに

ニッケイ新聞 2013年7月19日

 ブラジル日本語センターで15日、『第28回汎米日本語教師合同研修会』の開講式が開かれた。27日までの約2週間、「協働」をテーマに15人の講師らが日本語教育のノウハウを伝授、18人の受講者が教師の腕を磨く。
 国内11人、ペルー、ボリビア、パラグアイからは7人が参加した。皆スーツに身を包み、緊張した面持ちで会場に集まった。
 板垣勝英理事長は「プロの日本語教師としての意識を持ち、色んな機会を捕まえて実力をつけてほしい」と激励。
 同研修を後援するJICAサンパウロ出張所の村上ヴィセンチ氏、在聖総領事館の中山雄亮副領事と国際交流基金の深野昭所長らもエールを送った。
 最後に同研修のコーディネーター、鶴田広子さんが「積極的に目標を持ち、目的を絶対に叶えて地元に帰ってほしい」と力強く呼びかけ、皆で記念撮影を行った。
 ペルーから訪れた知念カレンさん(33、三世)は「色んな教師と知り合って、しっかりレベルアップして帰りたい」と意気込みを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 日語センターで汎米研修開講=6カ国18人の日語教師が研鑽2017年1月24日 日語センターで汎米研修開講=6カ国18人の日語教師が研鑽  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が主催する『汎米日本語教師合同研修会』の開講式が16日に行われた。ブラジルほか亜国、ペルー、ベネズエラ、ボリビア、パラグアイの6カ国から18人の教師が集まり、2週間の研修に向け意気込みを語った。  立花理事長は、「皆さんの日 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会2016年7月16日 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテー […]
  • 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞2016年10月20日 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞  独立行政法人国際交流基金が毎年贈呈する基金賞をブラジル日本語センターが受賞した。1973年から続く同賞は国際交流基金の設立翌年に始まり、今回で44回目。文化活動を通じ国際相互理解、国際友好親善の促進への貢献やこれからの活動が期待される個人、団体に授賞される。  同センタ […]