ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | フランシスコ法王=薬物中毒者の治療施設へ=リオの〃ガザ地区〃も訪問

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • ニッケイ俳壇(902)=星野瞳 選2016年8月19日 ニッケイ俳壇(902)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎われに六句虚子入選句虚子祀る鹿鳴くや二人を娶り戻り来ず木いも擦る土人女乳房ゆすり上げ木いも擦る土人女丸太に掛け並び河波の飛沫とび来る青嵐ゴヤス野の空の広さよ星月夜   カンポスドジョルドン    鈴木 静林七夕や願いは手芸上達を道譜請 […]
  • ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選2016年8月5日 ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 夕立の止みたる鰐の沼匂ふ汝逝きてわが春愁のやり場なし天の川潤みみかんの花匂ふ春寒くわれを見つめて埴輪の眼早春の深き緑のダムの水 […]
  • ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選2016年7月22日 ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 土手すべり落ちしは太き穴まどい棉摘み賃ピンガ呑むなと払いやる曳いて来し蜘蛛置いて穴掘る地蜂蟇を呑む蛇の口元蠅たかり露寒し削がれし耳の又疼く木菟鳴くや酒気なければ物不言ず […]