ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=復興写真展に多数が来場=非日系も強い関心示す

日本祭り=復興写真展に多数が来場=非日系も強い関心示す

ニッケイ新聞 2013年7月26日

 県連日本祭りの屋内展示場では、被災地招聘交流事業によって来伯した大和田加代子、松本康裕、天野和彦の3氏による『復興写真展』が開かれ、多くの非日系人を含め来場者が熱心に見入っていた。
 灰色の煙を上げる黒い波の塊が民家を飲み込む瞬間や、瓦葺の屋根を残して倒壊した家屋にさらに別の家の屋根が覆いかぶさっている様子など、震災直後を記した写真に加え、震災の前と後、直後と4カ月後など定点を観測したもの、復興に向けた被災者の活動を記録したものなど42点が展示された。
 非日系のレアンドロ・ナルシーゾさん(34)は独学で学んだ日本語で松本さんに熱心に質問を投げかけ、「僕は日本の文化が大好き。震災の後ずっと心配していたけど、こちらにはなかなか生の情報が入ってこなかった。津波に家をのまれたという話は本当に衝撃的だった」との感想を漏らし、「まだまだ大変なことは多いようだけど、前向きに明るく生きていく意志を彼の言葉から感じた。自分も頑張ろうという気持ちが沸いてきた」などと、しみじみ語った。
 一枚一枚、時間をかけてじっくりと写真を覗き込んでいたジャイメ・フレイレさん(27)は、「とにかく衝撃的」と前置きし、「被災地のことは前から気になっていたが、この写真展で初めて本当の被害規模が分かった気がする。このような展示はどんどんやってほしい」と強く要望した。
 ブース内では、宮城県名取市の箱塚桜仮設住宅に居住する被災者らが作った布製の地蔵マスコットも販売され、用意した40個が完売した。
 同地での支援活動に二度参加し、当地に地蔵を持ち込んでいた留学生の山本宗一郎さん(30、東京)が、ボランティアとしてブース出展に協力したことが販売のきっかけ。山本さんは「日系人だけでなく、多くの非日系の方々も関心を示し、購入してくれたことは本当に嬉しい」と笑顔を浮かべた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]