ホーム | 日系社会ニュース | コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(4)=重要な役割果たす日系医療・福祉機関=全伯500日系団体の連携緊密化へ=ブラジル日本文化福祉協会会長 石川レナト

コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(4)=重要な役割果たす日系医療・福祉機関=全伯500日系団体の連携緊密化へ=ブラジル日本文化福祉協会会長 石川レナト

石川レナト会長

 新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックという新たな課題に人類が直面しているこの時期において、ニッケイ新聞社による「連帯メッセージリレー」の呼びかけ、および、ホームぺージでの情報無償提供の決定は、我々日系社会にとって大変心強いものであると、心からの感謝と支持を表明致します。
 我々文協は、ブラジル社会全体はもとより、各ブラジル日系団体および会員の皆様、また従業員に至る全ての人々を保護し、連携していく責任があると認識しております。
 そのため、サンパウロ州・市当局の新型コロナウイルス拡散防止指示に従い、文協はいち早く従業員を在宅勤務に切り替え、ブラジル日本移民史料館、および日本館の一時閉鎖を含む事業体の活動を休止し、これまで行ってきた伝統的なイベントの延期や中止の決断を下しました。
 なお、今後3カ月間で予定されていたイベントの開催についても、文協への訪問者の感染リスク軽減を何よりも最重要事項とし、再検討しているところです。
 また文協は現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策だけでなく、NHKが制作した個人の衛生状態向上を指南した動画を、文協のソーシャルネットワークに掲載し、感染予防の啓蒙にも取り組んでおります。

 さて、我々全てのブラジル日系団体は、ブラジル政府当局が指示する新型コロナウイルス感染症拡散防止措置を遵守することで一致していることをお伝えいたします。
 その中でも特に、サンパウロにおいては州都圏にある特別養護老人ホーム、サンパウロ日伯援護協会、日伯友好病院、サンタクルス病院などの医療および社会的支援を専門とするブラジル日系団体が果たす役割は重要なものとなっています。
 同じくパラナ州では州都圏および特にマリンガ市、リオ・グランデ・ド・スル州の南日伯援護協会、パラー州ベレンのアマゾニア病院などが同様の役割を果たしています。
 これらの団体は、一般市民患者の対応はもとより、日本語での対応を強化するなどし、この緊迫した時期に日系人高齢者や日本人患者に対して寄り添った支援を提供するために全力で取り組んでおります。

ブラジル日本文化福祉協会の前景

 本年65周年を迎えるに至ったブラジル日本文化福祉協会では、この間、34人の地方理事らを通じて、ブラジル全土に広がる500からなる団体との関係を構築するとともに、相互の理解を深めるべく連絡のネットワークを駆使し連携強化に向けて邁進いたしています。
 またブラジル国内だけにとどまらず、中南米、北米、日本などの他国の日系団体とも強固な友好関係を築き、維持しています。
 文協と致しましては、これまでに培ったこれらの日系団体との連携を密にし、ブラジル社会全体はもとより、各ブラジル日系団体および会員の皆様、また従業員に至る全ての人々の保護を最優先させた取り組みを、引き続き率先して実施していく所存でございます。
 最後に、模範的に組織されて、各国から高い評価を受け注目されていました世界のスポーツイベントである「東京2020オリンピック」の延期が先日発表されましたことは、皆さま既にご存知の事と思います。
 この「東京2020オリンピック」が、競技者はもちろん、それを支える企業や応援する一般の人々の協力を得て、2021年の開催を実現し、成功させることは大きな意味を持つと考えています。
 その成功は、人類が新型コロナウイルスパンデミックの危機的状況を克服し、21世紀の調和のとれた発展への道をたどったことを象徴する大会となるに違いありません。このオリンピック開催を目標に、今こそ全人類が一丸となり、一日も早い新型コロナウイルスの終息に向かって邁進していきましょう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止2020年3月14日 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止  中国を発生源とする新型コロナウイルス(COVID―19)のブラジル国内の感染者1人目が2月26日に発見された。それから2週間あまりの13日午前10時半現在で151人を数えるまでに急増し、今後さらに爆発的に増えると予測する専門家も出てきた。これを受け、コロニアでも近日開 […]
  • 第22回日本祭り=世界最大規模の日本文化祭典=日本からの来伯公演多数!=今年は和洋スイーツ合戦2019年7月5日 第22回日本祭り=世界最大規模の日本文化祭典=日本からの来伯公演多数!=今年は和洋スイーツ合戦  今年もブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の『第22回日本祭り』が、7月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、サンパウロEXPOセンターで開催される。本国以外では世界最大級の日本祭りで、約20万人の来場者を見込んでいる。日本からも大勢の人が来伯し、伝統 […]
  • □コロナ感染緊急時の連絡先□2020年4月14日 □コロナ感染緊急時の連絡先□ ●サンパウロ日伯援護協会「本部事務局」(11-3274-6483)、朝8時から午後5時まで。日本語での対応可。相談内容に応じて、福祉士などに回す。 ●サンタクルス病院「新型コロナウイルス感染症の緊急外来受診のためのコールセンター」 日本語対応、24時間、11-97572-4 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 援協=日伯友好病院で新病棟定礎式=6階建てビル増設で設備充実=創立60周年の節目に2019年12月17日 援協=日伯友好病院で新病棟定礎式=6階建てビル増設で設備充実=創立60周年の節目に  今年で創立60周年を迎えたサンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は、日伯友好病院の新病棟建設の定礎式を11日午後、サンパウロ市パルケ・ノボ・ムンド区の建設予定地で行った。現在の本館と直結する形で地上6階(日本式なら7階)、地下3階建ての新病棟を建てる。病床を増やし […]