ホーム | 連載 | 2013年 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(59)

第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(59)

ニッケイ新聞 2013年8月6日

 特攻隊ではなく特行隊

 四月一日事件の直後、これも(以下、またも同じ表現の繰返しになって恐縮だが……)歴史上初めて、突如、表面に現れ、認識派史観Ⅶに転用された「特攻隊」という単語であるが──。
 これは、やや複雑である。
 まず、襲撃者自身の山下、日高そして蒸野の3人は、
「何々隊という様な名乗りをした記憶はない」
 と否定している。
 ところが、四月一日事件の参加者が、オールデン・ポリチカで行った供述の記録書類には、本家、谷口、吉田(いずれも故人)の分に、
「Toko‐tai」
「Kesshi‐tai」
 の文字が出てくるのだ。後者は決死隊の意である。
 右の三人は、野村襲撃班はトッコウタイ、古谷襲撃班はケッシタイ、と名づけたと供述している。
 彼らの同志で、決起組がサンパウロへ出発する時、キンターナに残った押岩は、日章旗に「決死報国、特行隊」と墨書して渡したという。
 特行隊というのは、特別行動隊の略で、特別行動とは襲撃を意味した。この隊名は、皆で話をしている時に決った──という。
 以下は筆者の推定だが、サンパウロでの襲撃実行の段階で、その対象は二人になり、決起組は二班に分かれることになった。
 そこで、特行隊のほか、もう一つ別の隊をつくり、決死隊と名づけた。日章旗に書かれた「決死報国」からとったのだ。
 しかし、隊名が山下、日高、蒸野の記憶になく、本家、谷口、吉田の供述書にしか出ていない──ということは、その名乗りが、襲撃に参加した10人全員には徹底していず、一部の人間しか知らなかったことを意味する。
 押岩が墨書して日章旗を渡した相手も、同志全員ではなく、キンターナ組の一部であった筈である。山下、日高は知らない、と話している。やはりキンターナの蒸野は日章旗を腹に巻いて襲撃に参加したが、これは、別人から贈られたものであった。

 ともあれ本家、谷口、吉田は、刑事の取調べの折「特行隊」「決死隊」のことを音(おん)で「トッコウタイ」と「ケッシタイ」と、言ったのだ。
 それが刑事から新聞記者に伝わった。無論、日本語の漢字ではなく、ポ語で、口頭で話したのである。
 時期は第二次世界大戦の直後であり、新聞記者は、トッコウタイと聞いた時、直ぐ日本軍の特攻隊を思い浮かべ、そのまま記事にしたのだ。神風という言葉を入れて解説をした新聞もあった。
 ところが、この勘違いから生まれたトッコウタイ=特攻隊=という言葉は、広く響きわたった。以後、連続して起こった襲撃事件の実行者は、皆、世間から、トッコウタイ=特攻隊=と呼ばれるようになる。当人たちの中にも、自分たちを特攻隊と思い込んでいる者もいた。
 かくして「特攻隊」は日系社会史上、不気味な光を放ち続けることになった。(ケッシタイの方は、何故か、消えてしまっている)
 決起組の中にすら知らない者がいた……その程度の隊名が、歴史的な存在になってしまったのである。
 認識派史観Ⅶの「特攻隊」という言葉は、右の様な経緯から生まれた勘違いを踏襲しているのである。
 なお、押岩が「決死報国、特行隊」と墨書した日章旗は、オールデン・ポルチカの刑事が記者会見で掲げて見せている写真が、当時のポ語新聞に載っている。(拙著『百年の水流』改訂版参照)
 そこには確かに「特攻隊」ではなく「特行隊」と書かれている。
 これは「特攻隊」は「特行隊」の間違いであることを、物的に証明している。(つづく)



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]