ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月3日

 リオで行われている柔道の世界選手権でブラジルは快進撃。8月30日に女子78キロ級でマイラ・アギアルが銅、31日は男子100キロ超級でラファエル・シウヴァが銀、女子78キロ超級でマリア・アルテマンが銀、1日には女子団体が銀を獲得した。これで金1、銀4、銅2となり、メダル・ランキングは日本、フランス、キューバについで4位。獲得個数だと、金メダルを二つ獲得して上位になったキューバ(あとは銅一つのみ)を抜いて3位となる。15年の世界選手権はサンパウロ市で開催される。
     ◎
 1日、イタリアのサッカー名門ミランが、スペインのレアル・マドリッドからカカーを獲得したと発表した。契約は2015年6月までの2シーズン分。カカーは2009年までミランに在籍し、当時世界最高額の総額6500万ユーロでレアルに移籍していたが、1年600万ユーロでミランへと復帰となった。だがミラン時代に世界最優秀選手に選ばれたことのあるカカーはこの復帰に大喜びで、「もう一度サンシーロの観客に僕の名前を叫んでもらいたい」と抱負を語った。これを来年W杯での代表復帰につなげたいところ。
     ◎
 7月以来着々と増設され、サンパウロ市の交通利用者から好評を得ているバス専用レーンだが、2日には新たに東部8、南部3、北部1の計12の通りで合計11・1キロのバスレーンが増設される。東部のペーニャでは8キロのレーンが設置され、南部のカンポ・リンポやイピランガでもバス利用者への恩恵が広がる。現在までに設置されたバスレーンの合計は146・4キロとなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 2015年6月4日 第59回パウリスタ・スポーツ賞=6月1日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞3人含め総勢21人=多彩な競技者、功労者表彰  ニッケイ新聞が主催する「第59回パウリスタ・スポーツ賞」が6月1日午後7時からサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。現役で活躍中の選手や引退後の指導者、審判など、競技者だけでなくその振興や普及に尽力した功労者を表彰する。今年は「特別賞」3人を含む、総勢21人が受賞をする。例 […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]
  • 講道館有段者会の関根隆範会長2014年2月13日 リオ五輪で期待のブラジル柔道=強化・普及の源流を探る=(7)=中堅層の指導者育成が課題=移民発の日伯補完関係に ニッケイ新聞 2014年2月13日 戦前、戦後を通じた日本移民の流入により、日本的な柔道が伝えられ深く社会に根付くに至った現状について、有段者会の会長を務める関根隆範(73、東京)は、「競技面で継続的に結果が出ていて、ある程度の普及にも一段落した今だからこそ、本来の柔道の目 […]