ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月7日

 高円宮妃殿下の久子さまがIOC総会に出席するとかを巡り宮内庁の風岡長官が「両陛下も懸念」と述べたのを菅官房長官が批判。妃殿下は日本サッカー協会の名誉総裁であり、下村博文文部科学相が宮内庁を訪ね「久子さまのIOC総会出席」を要請していると反論するなど東京オリンピック招致をめぐり日本は騒々しいばかりに燃えている▼東京の猪瀬知事もブエノスに入り「ぜひ東京へ」と猛運動を繰り広げているが、安倍首相もG20首脳会議を切り上げアルゼンチンに飛ぶ。2020年五輪には、東京とマドリードやイスタンブールが立候補している。目下、3都市は各国で猛烈な誘引策を講じているが、この乱戦を乗り切るのはとても難しい。開催都市と決まるには、IOC総会で115委員の過半数を獲得という難関がある▼それだけに水面下における各候補地からの働きかけは激しい。いろんな調査によると、東京が優位であり、イスタンブールが2位と続くが、マドリードも侮れない。IOC委員の過半数はヨーロッパ系であり、土壇場になって引っくり返る可能性もゼロではない。ここはIOC総会での高円宮妃久子さまの名演説に期待したいところ大である▼寛仁宮さまの彬子さまも駆けつけるそうだし、こちらの引き寄せ作戦にも見事な花を咲かせたい。東京かイスタンかは、今日—ブエノスで決まる。今ごろは—あのタンゴの街で凄まじい血戦を展開しているだろうが、安倍首相も猪瀬知事も、「東京の良さ」をよく説明し「2020年東京五輪」を実現してほしい。ブラシルの日本移民も「必勝東京」と応援したい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(上)=帝政の終わりとサッカー王国の誕生2017年6月27日 サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(上)=帝政の終わりとサッカー王国の誕生  トレンディ・ツーリズモ主催の「鉄道の町パラナピアカーバ(Paranapiacaba)観光ツアー」に参加し、現地ガイドと歴史話をしていて思わず興奮した。サンパウロ州最初の鉄道であるサントス/ジュンジャイ線(S/J線)が開通したのは1867年2月26日だから、今年は記念す […]
  • エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ2018年12月4日 エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ  「日本で活躍するブラジル人」という言葉は、死語に近いと思っていた。日産のカルロス・ゴーンはブラジル人としては別格的な存在だったが、先日逮捕された。とはいえ、普通の日本の日本人にとっては、「フランス人」の印象の方が強かったのではないか。  かつて20人近くのコロニア力 […]
  • 樹海2014年7月15日 樹海  今回のW杯で唯一嬉しかった事はアルゼンチンが負けた事―。13日夜の番組でのアナウンサーの発言を聞き、何と小さな器かと悲しくなった▼サッカーにおける伯国と亜国のライバル意識の強さは知っていたし、亜国優勝を嫌う人達がドイツを応援と発言したのも聞いていた。伯国代表チームがドイツ […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • ブラジル・サッカー表彰式=ドゥドゥが二大最優秀選手を独占=気になるベストイレブンは?2018年12月5日 ブラジル・サッカー表彰式=ドゥドゥが二大最優秀選手を独占=気になるベストイレブンは?  サッカーのブラジル全国選手権終了を受け、サッカー界の二大大型賞の発表が3日に行われ、パルメイラスのエース、ドゥドゥが両方で最優秀選手に選ばれた。  まず、ブラジル・サッカー連盟(CBF)の主な受賞者から。 <ベスト・イレブン>  〈キーパー〉マルセロ […]