ホーム | コラム | 樹海 | 自己陶酔の革命家ごっこ

自己陶酔の革命家ごっこ

サラ・ウインター容疑者(Twitter)

サラ・ウインター容疑者(Twitter)

「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。
 コラム子からすると、このサラこそが、現在のボウソナロ大統領とその支持者たちの気分が産み落とした典型的な産物のように思えて仕方がない。それは具体的に言えば、自分たちだけが一方的に信じる“正義”とやらで革命を起こそうとする、イマジネーション(空想)の世界の住人だ。
 そうでなくとも、ボウソナロ大統領には、大統領選の頃から、あたかも自分が「歴史劇の英雄」であるかのように振る舞っているところがあった。「世がポリティカル・コレクトネス(人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まない、中立的な表現や用語を用いること)を叫ぶ中、長年の宿敵の労働者党(PT)を倒して、自分こそが保守の王者になるのだ」という妄想は、大統領選キャンペーン時の刺傷事件が拍車をかけたように思う。というか、そもそもあの事件こそが映画のシナリオのようでもあった。
 そんな思い込みは、いざ大統領になって、更に強くなったような気がする。自分が考えたように物事が進まない現実、予想以上に上がらない支持率、他国から浴びせられる批判が、より自分を誇大に見せようとする方向に向かわせているのかもしれない。
 三権分立を無視した言動や、やたらとヒトラーやムッソリーニを引用したような言動が多いのもそういうことではないか。
 もしかして、コロナウイルスに関して必要以上に「大したことない」とする姿勢を崩さないのも、「俺は他の首脳とは違う」というのを見せつけようとする気持ちが、空回りしている結果なのかもしれない。
 そして、それらはますます同氏を厳しい批判に晒す方に働いている。
 ただ、大統領の持つそうした陶酔感は、これまた「自分こそが一番の支持者」と、似たような空想を抱きがちな熱狂的な支持者たちを引きつける。
 そういう人たちが、反連邦議会・最高裁のデモに参加したり、大統領が政敵と見なした人物をネットで攻撃することに加担し、コロナの入院患者の臨時病院へ侵入行為を働いたりもしている。
 サラ・ウインターはそんな、独裁者の到来を夢見る人の極端な象徴だったのだろう。実際にネオナチ思想に憧れて、極右集団の台頭のあったウクライナに飛んで軍事訓練まで受けている。そんな彼女は、「今こそ自分が革命の女神になれるときでは」とでも踏んだのだろう。
 ただ、大統領自身が新党を完成させるメドも立てられず、ありもしない軍事クーデターをほのめかして騒ぎを起こしているのと同様に、サラの反乱もお粗末だった。「300」と銘打ったグループでデモに参加したのは30人ほどで、警察に退去を命じられて抵抗してやったことと言えば最高裁に花火を発射しただけ。
 サラは、逮捕されればされたで今度は「無実のヒロイン」きどりをきめこむ。だが「300」解放を求めた抗議運動には、グループ内の仲間でさえ20人しか集まらず、世間の声は失笑ばかり。
 彼女が本当に「革命のヒロイン」なら今ごろ、逮捕に動いた最高裁や警察が国中の敵にならなくてはいけないところだが、そうはなっていない。逆にサラは弁護士の一人を失い、勾留延長で女性刑務所に移された。
 国民のあいだでは、軍事クーデターを望まない声がここ数年で上昇し、最近ではその世論が70%近くにまで上がっているという統計結果も出ている。そんな報われない現実の中で、自己陶酔の革命家気分に浸っても、所詮は独りよがりの粋を出ない、ということだろう。(陽)
 
 
 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]
  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]