ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月20日

 ロック・イン・リオのために現在来伯中の米国大物ロック歌手ブルース・スプリングスティーンが18日、サンパウロ市西部で公演を行った。ブルースは3時間30分に及ぶ公演の1曲目として、ブラジルロックの先駆者ラウル・セイシャスの「ソシエダーデ・アルテルナチーヴァ」を披露し、サンパウロ市のファンを驚かせた。同曲は70年代のヒッピー賛歌で、後の人気小説家パウロ・コエーリョが作詞をしている。ブルースはその前のチリ公演でも同国の自由の闘士ビクトル・ハラの曲を歌っていた。21日出演予定のロック・イン・リオでは一体何が飛び出すか。
     ◎
 17日夜、大サンパウロ市圏オザスコのオウトミスタス大通りで、配達人のオリヴェイラ・デ・アシス・プッカさん(23)が口の中に拳銃を入れられ射殺される事件が起きた。プッカさんが働いていた店の店員によるとプッカさんと同店との間に支払いのトラブルがあったというが、その件は店側がプッカさんの働きぶりを評価して報奨金を払おうとしたというものでプッカ氏さんが断った。市警の調べでは、犯行時の防犯カメラの映像などから、プッカさんが強盗と間違えられて殺された可能性が高いとしている。
     ◎
 18日にモルンビー・スタジアムで行われた全国選手権対アトレチコ・ミネイロ戦で、サンパウロが1—0で勝利。これでムリシー氏が同チーム監督に復帰してから3連勝だ。前試合で降格圏内から脱したばかりだが順位はさらに上がって13位となった。一方、コリンチャンスはポンテ・プレッタに敗れ、3連敗して8位に転落。サンパウロの悪運が移ったか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イベント情報2013年11月30日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年11月14日 【11/15〜11/21のサンパウロ州チームのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) 11/16(土) ・パルメイラス対ボア・エスポルテ(2部/会場:パカエンブー・スタジアム) […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]