ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月21日

 ラーモス移住地で開かれた『第16回さくら祭り』。今年は協賛する州政府からの3万5千レの助成により、特設ステージと食事会場に専門業者によるテントが設置され、音響機器やサーチライト付きの照明機材も大型のものを用意。本文中の関係者は「特にテントは、毎年手作業で必死になって用意していただけに、本当に助かった」と感謝を込めて話した。「州政府は3回に2回くらいの割合で助成してくれている」とか。
     ◎
 群馬県大泉町文化むらで5日、群馬、埼玉、茨城に住むブラジル国籍の子どもたち約350人が集まって絵を描いた。上毛新聞ニュースが報じた。円形の画用紙に思い思いに描かれた絵は、「かたつむりアート」作品(かたつむりの形をした立体芸術)にされ、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんと芸術家の矢柳剛さんが、来年聖市で開く展示会に出品されるとか。在日デカセギ子弟の作品だから、これも一種の〃凱旋帰国〃か。
     ◎
 レジストロ草分け時代の種蓄牧場では、新入場者に豚の睾丸のスキヤキで洗礼を受けさせる〃高野山の不文律〃があったとか。それがいつの間にか、聖市には〃立身出世の霊薬〃という噂となって広まったとユーモラスに書かれている(野村『思い出』19頁)。その結果、わざわざ噂の真相を確かめに、聖市から三浦鑿日伯社長、村上虎治郎、滝沢仁三郎、坂元靖ら豪の者が食べに来たとか。まあ〃霊薬〃というか、一種の「食のキモ試し」か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 大耳小耳2013年5月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月22日  群馬県大泉町で18日、日本人と日系ブラジル人の住民ら約30人が、共に道路清掃を行った。読売新聞が報じた。この取り組みは、1枚の割れたガラスを放置するとその周辺から治安が乱れ、やがて地域全体の治安が悪化するという米国の「割れ窓理論」をヒントに […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 大耳小耳2014年1月15日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月15日  日鉄住金ステンレス鋼管で働いていたデカセギの一人を、鹿田正人さんは直接尋ねた。すると「どんな企業よりも待遇が良かったと彼は言っていた。部屋もきれいで過ごしやすく、これ以上ない快適な労働環境が用意されたと手放しに喜んでいた。これほど感謝され […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]