ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月21日

 日本からサンパウロを訪れた人たちは、大きなビルや商店街のシャッターの落書きを見て驚く。そして「どうしてこんな事が?」と語り「汚い」と一刀両断である。いや、これはリオでも同じであり、大雑把に言えばブラジルの都市ではどこでも見られる醜悪な風景である。何時頃から始まったのかは、はっきりしないが、30数年前だったように思う▼兎に角、所も場所も選ばずにスプレーを吹き付けての落書だから始末に負えない。この馬鹿げた暴挙の動機もよくは解らないが、世の中への不満や抗議と云うたわいのないことらしい。中には「芸術」だと高言するとんでもない不逞の輩までいる。そして—治安当局や警察も、多忙を極めているためだろうか?こんな若者らを取り締まることがゼロに近い▼こんな街の落書きを「ピシャソン」というが、警察の野放図な取締りに乗っかった10代の瘋癲らは、我が物顔で跋扈し街の美しさを傷つけている。しかも、15階とか20階などの高層ビルの外壁に落書すると、何処からともなく「賞金」が届くそうだから—世の常識からすれば、怒りよりも先に—何とも情けない▼我が編集局の斜向かいに小さな広場があり、そこに「砂丘に まろびて 韜晦を愉しめば 海よりそよぎて 朝は流れる 武本由夫 如空かく」の歌碑があり、散歩がてらによく見て武本さんを偲んだりするのだが、こんな世間知らず悪たれどもが、この歌碑に茶色っぽいスプレーで太い棒線を吹き付けているのは、とても許せない。この無知蒙昧の徒に厳罰を—である。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 早くもやってきた大きな失望2019年1月25日 早くもやってきた大きな失望  18日付の本コラムでコラム子は、「ツイテる状況はいつまで続く」と題して、大統領就任以降、風向きが良かったボウソナロ政権について書いた。それと同時に、「この状況が続かなくなる可能性」についても述べた。だが、コラム子の読みでは、「悪いことがおきるとすれば、2月1日に連邦議 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ新政権への期待2019年1月22日 《ブラジル》ボウソナロ新政権への期待  ボウソナロ新大統領が思春期を送ったサンパウロ州南部エルドラド市を、昨年10月に初めて訪れた。レジストロからリベイラ川を上流にさかのぼった地点にあり、大昔には金採掘で潤ったところだ。「黄金郷」を意味する名前にその歴史の残滓が残っている。  今では、有名な鍾乳洞「悪魔の […]
  • 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?2019年1月18日 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?  ボウソナロ氏の大統領就任から2週間が過ぎた。この間は、同氏の政治家人生の中でも最高の2週間だったのではないかと思われる▼ひとつは、年が明けてから続くドル安と株価の上昇だ。これには「左派でない大統領がついた」という市場の安堵感があることと、パウロ・ゲデス経済相が打ち出し […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]