ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月24日

 21〜22日に聖市内の様々なスポーツ施設で行われた、「スポーツ版ヴィラーダ」こと「ヴィラーダ・エスポルチーヴァ」。市民のスポーツの発展・普及に貢献するべく作った行事ではあるが、聖市民に最も人気があったのは遊具施設だった。特に人気だったのは「チロレーザ(人間ロープウェイ)」や「ラッペル(懸垂下降)」と呼ばれる、いずれも高いところからロープで吊るされるスリル満点の過激なもので、会場となった中央部のヴァーレ・ド・アニャンガバウーには最大で4時間待ちの行列が出来たとか。結局、遊べるものが一番魅力的ということか。
     ◎
 聖市南部イピランガにあるサンパウロ水族館で「潜水人魚」という企画が大いに受け、話題を呼んでいる。これは「クリスタル」と「コラル」と名付けられた女性スタッフが人魚に扮して水槽の中に潜りつづけ、観客を楽しませるというもの。土日に2時間ずつ行われ、当初は今週末で終わる予定だったが、好評につき10月いっぱいまで伸びたという。水族館は思わぬヒットでうれしいところだが、人魚役の女性は「30分水中に潜る上に、水中で顔に表情をつけないといけないから大変だ」と語っている。
     ◎
 ロック・イン・リオは22日に合計7日間に渡る全日程を終了した。最後を飾ったのは、記念すべき1985年の第1回ロック・イン・リオにも出演しているヘヴィ・メタル・バンドのアイアン・メイデンだった。次回のリオでのロック・イン・リオは2015年だが、その前年の2014年にはアルゼンチンでの初開催も決まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2018年3月1日 東西南北  2月末のブラジルに、降って沸いたような「北朝鮮最高指導者のブラジル偽造パスポート使用疑惑」。今現在、ただでさえ、その言動が世界的な話題になりやすい金正恩氏だが、それがブラジルと結びついたのだから、やはり驚きだ。しかも、そこでの名義は「生粋のパウリスタのジョセフ」という、本物の […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2017年11月4日 東西南北  10月30日にニューヨークで起きたテロは、8人の犠牲者中、5人がアルゼンチンからの観光客だったため、ブラジルでの関心も高い。テロ直後から、犠牲者たちが属していたアルゼンチンの観光グループの旅行中の写真がネットで出回り、話題となっている。しかも、写真の撮影場所の一つは、乗り継ぎ […]