ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月24日

 先週末ベレンであった「日本週間」。取材とアマゾン80周年記念誌の販売・広報をかねて久方ぶりの訪問。汎アマゾニア日伯協会の会館が会場だったのだが「ここではもう無理」と嬉しい悲鳴が上がるほどの来場者を迎えた。開会式ではささやかながら、刊行記念スピーチ、会場に購入の呼びかけまでしてもらった。ご協力頂いた関係者にこの場を借りてお申し上げ、その盛況ぶりは後日詳報したい▼地元の人と四方山話をするなかで、80周年時に取材した人が病に臥せっていることを聞いた。4年前とはいえ、まだまだお元気だったのに—と驚く一方、「話を聞いておいて良かった」と変に自分を納得させたりもした。また、ある人が亡くなったと仄聞。ご親族に、お悔やみっぽいことを言ったら「…まだ元気ですよ」と怪訝顔。まあこちらは笑い話に落ち着いた▼健康の問題だけでなく、移住地を離れた人のことも聞いた。「インフラなどの環境は移住当時から何も変わってない」と聞いたモンテアレグレ。老後を考え、子供らが住むベレンやマナウスに数家族が転住した。辛酸を舐め自ら築いてきた〃古里〃は、さぞ離れ難かっただろう。取材当時も逡巡されていた。苦渋の決断だったに違いない▼違う一家は引越しの準備までしたものの「やはり俺たちはずっとここにいよう」と夫婦で安住の地と決めた。「その晩はゆっくりと寝ることができました」とのメールが届いた。我々メディア含め、アマゾン移住84年、戦後移住60年となにかと節目をつけたがるけれども〃移住〃は続いている。人を容易に落ち着かせないアマゾンで考えさせられた。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性2019年5月10日 TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性  伯国でも世界有数に加入者の多い、映像配信サービス「ネットフリックス」では今日10日から、ペトロブラス汚職を暴くラヴァ・ジャット作戦を元にした伯国製作の連続ドラマ「オ・メカニズモ」の第2シーズンがはじまる。このドラマが、ラヴァ・ジャットの捜査員や同事件に絡んだ政治家など […]
  • 日常生活を通して伝わる文化2019年5月9日 日常生活を通して伝わる文化  スーパーで買い物中、狭い通路の先に日系人の婦人が立ち止まるのが見えた。通路に入って来られるようカートを止めると、「お先にどうぞ」と手招いてくれたので、お辞儀しながら通路を抜けたら、肩を叩かれ、「繊細ね~。日本人だわ」と言われた▼日本人なら、一旦止まって待つ事やお辞儀は当たり前 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • ネイマール所属チームの“ぬるま湯”2019年5月3日 ネイマール所属チームの“ぬるま湯”  4月27日のサッカーのフランス杯決勝。敗れたPSGのネイマールは、彼曰く「暴言を吐いた」というファンを小突くという、サッカー選手としてあるまじき行為を行なった。この行為で彼は、同国での試合の出場の長期出場停止を噂されている▼既にセレソンの主力となって8年くらい経つネイ […]