ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11)

ニッケイ新聞 2013年9月26日

【なに野暮な事を・・・、俺達一世に悪者がいるはずないだろう! 詳しくは邦字新聞に載っているがね】
「カンジが読めるだけで優越感持ち、悪い事は全て二世だと人種差別しやがって・・・、一世のヤボ記者」
【なんだとー! 俺が野暮記者なら、お前はヘボ刑事だ! だからブラジルは検挙率十五パーセントの犯罪蔓延国なんだ】
 理屈が嫌いなジョージが、
「・・・。喧嘩は止めよう。今日は協力し合おうじゃないか」
【協力? お前から一方的な情報要請じゃないか、どいつもこいつも、新聞屋は便利屋だと思いやがって・・・】
「で、ボーズの件だが、・・・」
【何故、ボーズの事を知りたいか、理由だけでも知りたいね】
「ローランジアのイデ・ボーズを頼って、日本から若いボーズが来たんだ」
【えっ! 日本から若い坊主が来た! それはうれしいニュースじゃないか。よし、その情報と交換で教えてやろう。ローランジアの今の住職は、井手じゃなく、これも三、四年前日本から来た若〜いボーズで、名前は、え〜と、俺の記録では、黒澤和尚だ】古川記者は少し考えて【ローランジアにはむか〜し大酒飲みで偉〜いボーズがいたが、そのボーズの名が井手だったかどうか・・・。俺の記憶では、あの寺の住職はいつも宮城県出身だ。そうだ! 宮城県人会に問い合わせろ。それから、ボーズと呼ぶのは止めてボンさんとか和尚と呼べ、そうしないとボーズに失礼だぞ】

「・・・? ボーズとかオショウとか、オテラとかジンジャとか、二世には同じようなものだ。・・・、ミヤギ県人会の電話番号をくれ」
【面倒くせーなーほんとに、ちょっと待て・・・。あった・・・、三七五四、六○六一、会長は中沢だ。で、その日本から来たボーズはどんな奴だ?】
「ボーズじゃなくオショウと言うんじゃなかったのか? ・・・、俺、ちょっと急いでいるから・・・」
【待て、ジョージ! その日本から来たボーズ、じゃなく和尚の名は?】
「じゃー」『ツー、ツー、ツー』
ジョージは古川記者の執拗な取材を無視して電話を切ると、そのまま受話器を下ろさず、今もらった番号にかけた。
【宮城県人会です】最初から日本語での応対である。
「ナカザワ・カイチョウさんお願いします」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]