ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11)

ニッケイ新聞 2013年9月26日

【なに野暮な事を・・・、俺達一世に悪者がいるはずないだろう! 詳しくは邦字新聞に載っているがね】
「カンジが読めるだけで優越感持ち、悪い事は全て二世だと人種差別しやがって・・・、一世のヤボ記者」
【なんだとー! 俺が野暮記者なら、お前はヘボ刑事だ! だからブラジルは検挙率十五パーセントの犯罪蔓延国なんだ】
 理屈が嫌いなジョージが、
「・・・。喧嘩は止めよう。今日は協力し合おうじゃないか」
【協力? お前から一方的な情報要請じゃないか、どいつもこいつも、新聞屋は便利屋だと思いやがって・・・】
「で、ボーズの件だが、・・・」
【何故、ボーズの事を知りたいか、理由だけでも知りたいね】
「ローランジアのイデ・ボーズを頼って、日本から若いボーズが来たんだ」
【えっ! 日本から若い坊主が来た! それはうれしいニュースじゃないか。よし、その情報と交換で教えてやろう。ローランジアの今の住職は、井手じゃなく、これも三、四年前日本から来た若〜いボーズで、名前は、え〜と、俺の記録では、黒澤和尚だ】古川記者は少し考えて【ローランジアにはむか〜し大酒飲みで偉〜いボーズがいたが、そのボーズの名が井手だったかどうか・・・。俺の記憶では、あの寺の住職はいつも宮城県出身だ。そうだ! 宮城県人会に問い合わせろ。それから、ボーズと呼ぶのは止めてボンさんとか和尚と呼べ、そうしないとボーズに失礼だぞ】

「・・・? ボーズとかオショウとか、オテラとかジンジャとか、二世には同じようなものだ。・・・、ミヤギ県人会の電話番号をくれ」
【面倒くせーなーほんとに、ちょっと待て・・・。あった・・・、三七五四、六○六一、会長は中沢だ。で、その日本から来たボーズはどんな奴だ?】
「ボーズじゃなくオショウと言うんじゃなかったのか? ・・・、俺、ちょっと急いでいるから・・・」
【待て、ジョージ! その日本から来たボーズ、じゃなく和尚の名は?】
「じゃー」『ツー、ツー、ツー』
ジョージは古川記者の執拗な取材を無視して電話を切ると、そのまま受話器を下ろさず、今もらった番号にかけた。
【宮城県人会です】最初から日本語での応対である。
「ナカザワ・カイチョウさんお願いします」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(163)2014年5月24日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(163) 《オォ~!》小川羅衆の様な悲鳴は出なかったが、觔斗雲の加速度に驚きの声を上げてジョージの霊魂を背負った村山羅衆はサンパウロに飛び去った。「霊性(スピリッチズム)の呪文の力も及ばず、森口の悪行は復活を始めました。ああっ! 気を失っている豊満な女に、森口が・・・、なんて淫らな行 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(165)2014年5月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(165) 「私の力不足です」 中嶋和尚は生き仏になろうと決心した、その時、精霊の群れが二つに分かれ、その間から、成仏を断ったあの霊獣化していたトメアスの先駆者達が、上半身裸のリーダーを先頭に現れた。《中嶋和尚! 我々を直ぐ成仏させ戦いに参加させて下さい。霊獣化した我々は一人で成仏出来 […]