ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(50)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(50)

ニッケイ新聞 2013年11月27日

「(そうでしたか。実は、我々もマラリアにかかり、体が衰弱し、食事はおろか水も口に出来ない状態になり、最後に脱水症状になってしまい、私はなんとか助かりましたが、多くの仲間を亡くしました。・・・、それで今回、その仲間達のミサをしようと)」
「(それで、トメアスに!)」
「(そうです)」
「(彼が牧師ですね。ちょっと身なりが違うなと思っていました。・・・、私の祖先はトゥッピナンバスと言って、アマゾン主流の、ここから一千キロ上流のサンタレンと云う街に事務所本部を持つ大きな部族ですが、ここでは祖先への弔いの儀式をしていません)」
「(軍曹も私の様に心残りがあるようですね)」
「(はい、いつも何とかしたい、と思っていますが・・・)」
「(じゃー、トメアスでミサを一緒にしてはどうですか?)」
「(いいですか?)」
「(ミサは仏教で行いますが、それでよろしければ)」
「(ここは大きなアマゾンです。だからブッダでもかまいません。ミサはミサです。是非参加させて下さい)」そう言って軍曹の顔が明るくなった。
「中嶋和尚、アナジャス軍曹がミサを一緒にしてくれと言っています」
「ミサとはキリスト教の礼拝行事でしょう?」
「彼は仏教のミサでもアマゾンでのミサだからかまわないと言っています」
「アマゾンだからですか・・・、面白い判断ですね。では、喜んで・・・」
「(喜んでミサを・・・)」
 アナジャス軍曹はそれを聞いて嬉しさで『プッ』と軽くクラクションを鳴らしてしまった。先行の護衛のジープが少しスピードを落とし、バックミラーて様子をうかがった。
【(のろのろするな!先を急げ)】とアナジャス軍曹は無線機に怒鳴ったが、きつい言葉とは裏腹になんとなく優しさが混じった口調であった。
「西谷さん、今、彼と『マラリア』と言って、その話をしていましたね」
「ええ、三十年前、彼や日本人の家族の多くがマラリアで亡くなりました。幼児は半数以上が亡くなりましてね。それは・・・、悲惨でした」
「マラリアって怖いですね」
「ほとんどがマラリアと云っていましたが、本当の原因はその他にありました」
「とは?」
「水と栄養失調です」
「水と栄養失調ですか?」
「幼い子供は細菌で汚染された水を飲み、大人は栄養失調で、それ等で弱った体はマラリアに耐えられませんでした」
「豊かな・・・、密林の中で、栄養失調とはどう云う事ですか?」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]