ホーム | 日系社会ニュース | アルモニア文協創立60周年=元寮生が集い、記念式典=学園、日伯交流の発展願う

アルモニア文協創立60周年=元寮生が集い、記念式典=学園、日伯交流の発展願う

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 今年で創立60周年を迎えたアルモニア教育文化協会(和田忠義会長)が、9月21日にサンベルナルド・ド・カンポ市のアルモニア学園体育館で記念式典を開催した。元寮生や職員、ジョゼ・アレシャンドレ同市スポーツ局長、南洋行同市会議員ら来賓も含め約400人が出席した。同協会は1953年、日系子弟の遊学を支援するため学生寮を建設、約3千人の寮生を世に送り出した。93年からは日語教育を必須科目とした全日制の同学園に移行し、未来を担う人材育成に努めている。出席者らは先人の労苦をねぎらうと共に、学園と日伯交流の更なる発展に向けて思いを新たにした。

 戦後、在伯力行会員らが学生寮建設を呼びかけ、寄付金を集めて土地を購入、寮運営のため設立されたサンパウロ学生会(当時の名称)に寄贈した。53年に第1棟完工後も2棟を増設し、最大約200人の寮生を収容した。
 地方にも大学が作られる時代となり、寮としての役目を終えると、改装して学園に移行。日英西3外国語を必須科目とし、芸術、スポーツ、部活動など幅広い教育活動を展開している。現在、幼稚部から高等部まで約370人の生徒が在籍する。大学進学率も高く、高い評価を得ている。
 式典では、同学園の歴史を収めた映像を鑑賞後、日伯両国家を斉唱。学園のコーラス部が一緒に「君が代」を歌うと、会場は大きな拍手を送った。
 初代の寮生だった和田会長は「日本移民は二世の将来を保証するためには教育しかないと考えた」と寮設立の経緯や先駆者の労苦をふり返った。
 日本文化継承と高レベルの教育を兼ね備えた「新アルモニア学園」を目座す大浦文雄評議員は、「学園に足りないのは教師の訪日研修など人的交流。そのための基金創設が必要だ」と訴えた。
 福嶌教輝在聖総領事は「将来に渡り、ますますの友好関係を築くことが願い」との麻生太郎副総理(日伯国会議員連盟会長)の挨拶を代読。
 創立会員の息子で前会長の破魔浩一郎さん、大田慶子連邦議員、寮で学生らに講演を行っていた植木茂彬・元鉱山動力大臣らも出席し、挨拶を述べた。
 続いて、第一期寮生で聖州高等裁判所判事となった渡部和夫氏から、力行会の岡崎祐三会長に感謝状が贈られた。また同学園の吉岡初代校長、松田ヒロコ二代目校長、渡辺次雄元寮長の妻・渡辺トシコさん、25年間料理人として働いたアントニア・カルヴァーリョさんにも、表彰状と記念品が贈られた。
 式典は、生徒によるコーラスと和太鼓演奏で締めくくられ、その後祝賀会が開かれた。
 30年ほど前に5年間寮長を務めた小笠原勇二さん(82、青森)は「タイヤの空気を抜いたり鍵穴に爪楊枝を入れたり、よくイタズラした子もいたが、今は立派な社会人になった」と時の流れをかみ締めるように語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ