ホーム | 日系社会ニュース | きょう百一年目の移民の日

きょう百一年目の移民の日

ニッケイ新聞 2009年6月18日付け

 本日六月十八日、ブラジル日系社会は移民百一周年の「移民の日」を迎える。
 午前八時からサンゴンサロ教会(セー大聖堂向い)で先駆者慰霊ミサ、十時半から開拓先没者慰霊碑(イビラプエラ公園日本館そば)で追悼法要、午後一時半から文協大講堂(サンジョアキン街381)で先亡者追悼大法要が営まれる。午後七時からは移民史料館(文協ビル内)で「笠戸丸」出版記念会が行なわれる。
 サンベルナルド・ド・カンポ市議会でも午後七時から特別議会を開催する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「移民の日」によせて=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美2018年6月20日 「移民の日」によせて=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  6月18日。毎年この日が来ると、私は決まって身の引き締まる思いがいたします。  特に今年は格別な思いで、この日を迎えました。なぜなら皆さんごも存知の通り、初めてのブラジル日本移民781名を乗せた笠戸丸がブラジルに到着してから、110年という節目の年であるためです。 […]
  • ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選2016年8月5日 ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 夕立の止みたる鰐の沼匂ふ汝逝きてわが春愁のやり場なし天の川潤みみかんの花匂ふ春寒くわれを見つめて埴輪の眼早春の深き緑のダムの水 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 今年6月18日、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある先没者慰霊碑前で行われた追悼法要の様子2015年6月29日 ニッケイ俳壇(843)=富重久子 選    プ・プルデンテ       小松 八景  移民の日語り伝へて次世代へ【六月十八日はいみじくも「移民の日」である。戦後移民の私共には、その苦労の真相は新聞や書籍、或いはその方々から聞かされる実話によるしかないが、つくづく身にしむ思いの募るものばかりであった。ここに掲げ […]