ホーム | 日系社会ニュース | きょう百一年目の移民の日

きょう百一年目の移民の日

ニッケイ新聞 2009年6月18日付け

 本日六月十八日、ブラジル日系社会は移民百一周年の「移民の日」を迎える。
 午前八時からサンゴンサロ教会(セー大聖堂向い)で先駆者慰霊ミサ、十時半から開拓先没者慰霊碑(イビラプエラ公園日本館そば)で追悼法要、午後一時半から文協大講堂(サンジョアキン街381)で先亡者追悼大法要が営まれる。午後七時からは移民史料館(文協ビル内)で「笠戸丸」出版記念会が行なわれる。
 サンベルナルド・ド・カンポ市議会でも午後七時から特別議会を開催する。

image_print

こちらの記事もどうぞ