ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 一昨日の小欄同様、またもやアマゾンの話。しかし舞台はサンパウロである。ADESCの皆さんが、トメアスーの婦人部と開いた交流昼食会にお邪魔した。腕自慢たちの持ち寄り料理を堪能しながら、さまざまな縁を感じた1時間となった▼交流のきっかけは、09年の県連「日本祭り」にさかのぼる。ADESCとCAMTAのバンカがはす向かいだったことから知己を得てトメアスーでの再会を誓った。4年後の今年6月末、約30人の訪問が叶った。上芝原初美会長があいさつで地元でのおもてなしを振り返ったが、その場で南伯旅行を知ったことから「次はサンパウロで」と今回に繋がった▼久保田セシリアさんは、日本祭りに出品するものを—とその前年、アマゾンの木の皮など16種類を持参し、熊本県水俣市で3カ月、草木染を学んだ。Tシャツや風呂敷などが好評だったという。現在10人ほどが技術を学び、トメアスー物産としてベレンでも販売中だ▼「あなたのこと知ってますよ」とセシリアさん。同年に本紙が開いた第1回移民、山田元さんの講演会を、ミスだった娘タチアーニさんと手伝ってくれたことを思い出した。つまりは09年のアマゾン80周年を機に、さまざまなことが現在に繋がっている▼この交流会もベレンから帰って2日後。後ろ髪ひかれて後にしたアマゾンが、追いかけてきたような思いだった。娘がシンデレラよろしく靴を忘れてきた。アマゾンとの縁はまだ続きそうだ。初訪問時、タンバキーに舌鼓を打つコラム子に「アマゾンの魚を旨いと思ったらまた来れるんですよ」と笑った老移民の言葉を思い出した。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]