ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 一昨日の小欄同様、またもやアマゾンの話。しかし舞台はサンパウロである。ADESCの皆さんが、トメアスーの婦人部と開いた交流昼食会にお邪魔した。腕自慢たちの持ち寄り料理を堪能しながら、さまざまな縁を感じた1時間となった▼交流のきっかけは、09年の県連「日本祭り」にさかのぼる。ADESCとCAMTAのバンカがはす向かいだったことから知己を得てトメアスーでの再会を誓った。4年後の今年6月末、約30人の訪問が叶った。上芝原初美会長があいさつで地元でのおもてなしを振り返ったが、その場で南伯旅行を知ったことから「次はサンパウロで」と今回に繋がった▼久保田セシリアさんは、日本祭りに出品するものを—とその前年、アマゾンの木の皮など16種類を持参し、熊本県水俣市で3カ月、草木染を学んだ。Tシャツや風呂敷などが好評だったという。現在10人ほどが技術を学び、トメアスー物産としてベレンでも販売中だ▼「あなたのこと知ってますよ」とセシリアさん。同年に本紙が開いた第1回移民、山田元さんの講演会を、ミスだった娘タチアーニさんと手伝ってくれたことを思い出した。つまりは09年のアマゾン80周年を機に、さまざまなことが現在に繋がっている▼この交流会もベレンから帰って2日後。後ろ髪ひかれて後にしたアマゾンが、追いかけてきたような思いだった。娘がシンデレラよろしく靴を忘れてきた。アマゾンとの縁はまだ続きそうだ。初訪問時、タンバキーに舌鼓を打つコラム子に「アマゾンの魚を旨いと思ったらまた来れるんですよ」と笑った老移民の言葉を思い出した。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ2018年6月14日 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ  7月21日のブラジル日本移民110周年式典まで残り僅か一カ月――それに先駆けて、17日午前8時半からイビラプエラ公園の先没者慰霊碑は例年通りだが、10時半から文協大講堂にて催される移民の日の「開拓先没者追悼法要」の方は節目の年に相応しく、千人規模の大法要になる見込みだ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 祭りのメイン企画の数々2015年7月21日 第18回日本祭り=テーマは「日伯120年の絆」=人気歌手や忍者が来伯  ついに開催まで1週間を切った『第18回日本祭り』。24日から3日間サンパウロ市の「サンパウロ・エキスポセンター(Rodovia dos Imigrantes, km 1,5, […]
  • コラム 樹海2013年10月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月3日  コロニアでどれほどの祭りを見てきたろうか。つくづく感じるというか呆れるのは、その尋常でないお祭り好きさだ。普段は土と向き合い、祭りではしっかりはしゃぐ。いわゆるハレとケだが、そんな農耕民族のDNAがしっかり受け継がれていることを実感する▼会 […]