ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年10月23日

 抗議としての破壊活動をする、黒ずくめの若者の覆面集団「ブラック・ブロック」(BB)の姿を6月以来、テレビでよく見るようになった▼BBは90年代に欧米で生まれたアナーキスト(反権力主義者)や反資本主義者の抗議行動だ。アナーキストの旗が黒だから黒ずくめの格好をし、資本主義の代表たる自動車産業、地方政府、大銀行、マクドナルド、マスコミなどを狙って破壊活動をするのが欧米のBBらしい▼専門家の中には「現在では変質し、ブラジル式になった」と分析する者もいる。当地でも最初は欧米に近い動きだったが、最近は一般商店も見境なく破壊する方が目立ち、〃当地式〃になったとの見方だ▼主要TV局や新聞でも「baderneiro」(ならず者)との表現がすっかり定着した。その破壊活動に共感を覚える一般市民はごく少ない。でも「平和的に抗議行進をしても何も変わらない」との政治への無力感を持つ若者が多くいるからこそ、「創造のための破壊」を標榜して暴力行使する過激な若者が後を絶たない▼この動きは、世界から注目が集まるサッカーW杯に向けて激化していく可能性が高い。同時に、選挙前はごね得だとみなが知っているから、来年の大統領選挙を睨んで、各種組合の抗議行動も活発化している▼組合を支持基盤とするPT政権だけに、抗議活動にゆるい対処をしていた部分がある。それを逆手にとって、元々はPT親派だった活動家が分派し、合従連衡を始めたようだ。どこまでこれが先鋭化するのか…。今までブラジルをBRICsと持ち上げてきた国際社会だが、ある日突然、手のひらを返して「しょせんブラジル」となる日が来そうで怖い。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会2010年1月1日 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  なぜ08年のブラジル日本移民百周年ではブラジルマスコミから、誰もが予想しなかったほど大々的に扱われたのか。その疑問に答えるべく、百周年協会(上原幸啓理事長)と日伯社会文化統合機関(中矢レナット理事長)の共催により百周年評価シンポが、 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 2025年万博の大阪誘致に賛同を2017年11月28日 2025年万博の大阪誘致に賛同を  「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。 […]