ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月5日

 市警が発表したデータによると、サンパウロ州内で今年の1〜8月に懲戒免職になった市警が昨年同時期に比べて26人増え、168人いることがわかった。18%上がったこと自体も問題だが、汚職が理由の免職が32%も上がっている。中でも308キロのコカインを運んだ罪や、密売人を誘拐し麻薬を強奪した罪などで計16人の免職者を出したサンパウロ州麻薬対策課の汚職体質ぶりが目立っているという。軍警などに比べて高学歴で、エリートが多い市警だけに問題は深刻だ。「まだまだ犯罪組織との結びつきがあるのではないか」と心配する声もある。州都第一コマンド(PCC)の取り締まりは大丈夫か。
     ◎
 4日、サンパウロ市にバス専用レーンが新たに5キロ分増設された。対象となったのは、東部ヴィラ・プルデンテ、南部ヴィラ・マリアーナ、北部のサンタナとカランジルなど。特にヴィラ・プルデンテがヴィラ・エルマ大通りに1・3キロ、オルファナト通りに1キロと増設幅が大きく、サンタナのジョゼ・デビエウスト通りも1・4キロ増となっている。これにより市内のバスレーンの総距離は248・7キロに。
     ◎
 3日の全国選手権、コリンチャンスはヴィットーリア戦で引き分け、これで今期32試合中、15試合目の引き分け。この決定力の無さが現在12位と上位に食い込めない要因と言われ、鳴り物入りで入団したアレッシャンドレ・パトに批判が多く向けられている。一方、サンパウロは2日にポルトゲーザに2—1で勝利し4連勝。一時は2部降格争いをしていたチームは持ち直し現在8位まで上昇。ムリシー監督への評価と共にうなぎのぼりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月1日  3月30日に行われたサンパウロ州選手権準決勝で、イトゥアーノがパルメイラスに1―0で勝利する大金星で決勝戦に進出した。予選でサンパウロに勝利し、Bグループでコリンチャンスを蹴落として勝ち上がって来たイトゥアーノが、予選絶好調のパルメイラスまで […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]