ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(38)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(38)

ニッケイ新聞 2013年11月5日


「三者が和解してしまうと、どうしようもありませんね」
「そうですよ、特に司法が独立していないのは国が死んだも同然です」
「国民は?」
「寛容ですね」
「革命とか、起こらないのですか?」
「全てとは言えませんが、ブラジルは革命や戦争には無縁な国です。他の国では国を分裂させて内戦になる事でも、この国は平和的に終わります」
「ブラジルでは内戦なんかなかったのですね」
「ありましたが、大惨事に至らなかったです」
「とは?」
「敵対する軍団同士が出会っても血生臭い戦いもほとんどなく、兵隊の数で勝敗が決まりました」
「?」
「つまり、人数が多い方が勝ちだったのです」
「?」
「『おおい! 何人だ!』、『百二十人!』『こっちは九十人だ! お前等の勝ちだ!』と云う風にして戦争をした訳です」
「まさか! しかし、良く考えると合理的で、平和な戦争ですね」
「一部では戦闘がありましたが、ブラジルは世界一戦争嫌いな国です」
「きっと、平和を願う女神に守られているのですね」
「仏さまに女性はいるのですか?」
「おられます。怖い『明王』達の中に、すごく優しい相の『孔雀明王』や古代インドの神話で女神だった『弁才天(べんざいてん)』や『吉祥天』です」
「その少ない女神に守られた戦争嫌いのブラジルにこんな笑い話があります。『各国の軍隊がパレードする祭典がありました。最初のパレードはドイツ軍でした。ドイツの将軍が帽子の飾り羽根を隊列に向かって投げ入れました。その羽根が頭に落ちた兵隊は将軍に駆け寄り、ひざまづき、忠誠を誓って将軍の長靴に接吻をしました。それで、ドイツの将軍は得意気になりました。次に行進してきたのは日本帝国陸軍の世界に誇る精鋭の兵士達でした。日本の将軍はドイツに負けじと同じ様に隊列に羽根を投げ入れました。その羽根が頭に落ちた兵士はその場で腹きりして、命を捧げてまで忠誠心を見せました。それを見た負けず嫌いのブラジルの将軍も同じ様に羽根を投げ入れました。すると、腹切りを見ていた世界に誇れるブラジルの兵隊達は隊列を崩し、羽根が自分の頭に落ちて来ない様に、フー、フーと上へ向かって吹き、その羽根は今日まで空を舞っています』」
 中嶋和尚は、口と鼻を手で押さえて苦しそうに笑って、
「すばらしい女神に守られた国民ですね」
「これが、私が自慢したい自分に素直なブラジル人魂です」
 ロビーの混雑がなくなった。インタビューに応じていた政治家達が地元の選挙区に飛立ったからであろうか。
西谷がガラス張りのロビーの外を指し、
「中嶋さん、あれを!」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]