ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月6日

 降雨量と壊れた信号機の数は比例する?! 4日、聖市に豪雨が降り、冠水の被害がまた見られた。聖市パウリスタ大通りの先にある複合トンネルのパウロ・ロベルト・ファンガニエロ・メリェムは、午後6時頃にパライゾ方面が行き止まりになり5時間以上閉鎖が続いた。また「ミニョコン」の愛称で知られるコスタ・エ・シウヴァ高架橋でも排水口が詰まるなど、市内全9地区で冠水が起こった。信号機は少なくとも170機が消え、西部エイトール・ペンテアード通り付近では停電が起き、復旧に3時間を要した。夏はスコール(夕立、驟雨)の本番、新市長の効果的対策を大いに期待したい。
    ◎
 聖市教育局のカレガリ局長は4日、来年14年から保育園の定員の20%を、ボルサ・ファミリアを受給する家庭の4歳未満の子供に割り当てることを発表した。同局長によると、現在1万1千人のボルサ・ファミリア受給家庭の子供が入園待ちだという。だが、市内で入園を待っている子供はその10倍以上の15万人以上。対処療法としてはこの対策で多少は良くなるかもしれないが、根本的に解決するには、保育園の数自体を大幅に増やすしかないのは明らか。
     ◎
 W杯を半年前に控えたタイミングで、伯国よりスペイン代表を選択したジエゴ・コスタに関して4日、ペレは「彼には彼の収まるべき場所がある。良い決断だと思う」と擁護した。一方、フェリポン監督に関しても、「マノ監督はできなかったが、彼は既に自分のチームの基盤を作った」と高く評価した。さすがに〃王〃の風格を漂わすコメントか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2018年7月25日 東西南北  ここ最近、現地紙の報道でよく話題になる「大統領選キャンペーンでの放送時間」について、23日付エスタード紙が、現在予想される政党連立の状況に従うと、ジェラウド・アウキミン氏の30秒間の政見放送は8月31日までの5週間で318回、つまり1日平均9回流れると報じた。以下、労働者党( […]