ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年11月9日

 なんとも不思議なものが、日本列島に流行?っている。奈良の旅館や名の知れた東京と大阪のホテルの著名な店で出される料理が、インチキ物ばかりだというのだから驚き入る。ああした銘店に足を運び、豪華な味に接したいと願うのは庶民の夢であり、食器の素晴らしさに感動し井戸端会議の話題にもなるし、和食なら10年も20年も現場で鍛えた板前の腕に惚れ込み、包丁の冴えに目を見張る▼近頃は、割烹の店が多くなり、味にうるさいお客さんの目の前で魚の刺身と焼き物や煮物などを料理してくれる。割は切ることであり、烹は煮るの意だが、この魔法使いのような技を板前は惜しげもなく披露し、客らをびっくりさせる。そして—澄まし汁にしても、家庭の味とは遠く、ちょっと料理が好きな主婦でも立ち及ばない。鰹節と昆布を使うのは同じでも、あの香りと味は、やはりプロの腕には敵わない▼プロとは、これほどに厳しいものだが、洋食の総料理長とか日本料理の花板(板長とも)にも不届きな輩がいっぱいおり、食卓にインチキ料理を乗せ平気の平左なのだそうな。これは個人の好みにもよるが「日本の牛肉が一番美味い」派の独りであり、あの霜降りに浮かぶ脂がいい。ところが悪賢い料理人がいるらしく、安物の肉に牛脂を注入し「高級ビーフステーキ」として客に出しニコニコしていたというからー許せない▼海老も「車海老」と偽ってブラックタイガーを使い、バナメイエビを「芝エビ」だと偽り、活魚と称し冷凍魚だから言語道断である。こんなイカサマ料理人は即刻—包丁を取り上げ解雇が筋というものである。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト2020年8月11日 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト  ディスカバリー・ニッケイ(全米日系博物館主催)は「勝敗を超えて:ニッケイスポーツ」と題し、「日系人とスポーツ」に関する文章を受付けている。募集要項に沿って投稿されたすべての投稿を掲載予定。  題材は日系人と関わりあるもので、現役または引退した日系オリンピック選手、日系スポー […]