ホーム | 日系社会ニュース | ビギン=計3300人が歌声に酔いしれ=盛況のうちに3公演終了=移民の心情「帰郷」熱唱=「ただいまブラジル!」

ビギン=計3300人が歌声に酔いしれ=盛況のうちに3公演終了=移民の心情「帰郷」熱唱=「ただいまブラジル!」

ニッケイ新聞 2013年11月12日

写真=気持ちのこもった歌を披露する比嘉栄昇さん(初日、アニェンビー会場で)











 「ただいまブラジル!」。沖縄県石垣島出身の人気バンド「ビギン」のブラジルツアーが8日夜、そんなかけ声と共にサンパウロ市アニェンビー国際展示場の大講堂で始まった。初日のステージには沖縄県系人をはじめ総勢約1500人の観衆が詰め掛け、ウチナーグチの混じる力強い歌声に酔いしれた。公演後、ボーカルの比嘉栄昇さんは本紙のインタビューに対し「数多くの日系の方が、世代を超えて集まってくれたことが一番嬉しい。彼らの沖縄への思いがある限り、両国の絆は途切れない」と感慨深げに語った。

 午後9時頃「三線の花」によって幕が開くと、割れんばかりの大歓声と拍手、指笛が会場にこだました。比嘉さんは「ムイト・プラゼール!」とポ語を交え挨拶。「今日集まった皆はもう親戚。皆で楽しもう」と呼びかけ、観衆も拍手でそれに応えた。
 続いてメジャーデビュー曲の「恋しくて」、最新曲の「春にゴンドラ」を熱唱。2011年の初来伯時に沖縄県人との交流の中で生まれた、ふるさとを懐かしむ移民の心境を歌った「帰郷」、ブラジル風焼肉をテーマにした「シュラスコ」なども披露した。
 比嘉さんが「どうしても一世の方に聞いてもらいたかった」という「赤トンボ」「背比べ」など日本の童謡や、当地のバンド「バンドリン・エレトリコ」、アコーディオン奏者のアドリアーナ・サンチェスとのセッションもあった。「島人ぬ宝」「笑顔のまんま」ではそれぞれ、レキオス芸能同好会、琉球国祭太鼓のメンバーが加わって迫力の演奏を見せた。全20曲に加え、最後は会場一体になってカチャーシーを踊り、幕を閉じた。
 「2歳で来伯してから故郷に戻ったことがない」という比嘉スミコさん(79、沖縄)は「彼らの歌から沖縄を想像する。今日も凄く良かった」と終演後のステージを見つめ、息子のヒロミツさん(47、二世)も「日本語はほとんど話せないけどビギンの歌は大好き。曲から父、母の文化を学んでいる」と話していた。
 終幕後、ギターの島袋優さんは日系コロニアについて「熱くて、温かくて、凄く大きなものを感じた。〃ただいま〃と言えた気がした」と笑顔を見せ、電子ピアノの上地等さんも「ここはすぐ戻ってきたい、帰ってきたい場所になっている」と声を弾ませた。一行は9日に同会場で1千人、10日にパラナ州ロンドリーナ市でも800人を前にライブを行い、3公演合計3300人が押し寄せる盛況の中、ツアーを終えた。12日に帰路につく。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • BEGINとブラジル2015年7月16日 BEGINとブラジル  「ブラジルで僕らの音楽を聞いてくれてるらしいんですけど…本当ですかねえ―」。2008年にあった「沖縄県人移住100周年」の会場で流されたDVDの映像で苦笑混じりに語っていた沖縄出身のバンドBEGIN。2011年の初コンサートでは、多くのファンを喜ばせている。本人たちにして […]