ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年12月6日

 公邸での天皇誕生日祝賀会に市価500レアル以上ともいわれる高級ウイスキー「山崎」「白州」などを提供したサントリー。再進出したのはまだ今年。関税事情には頭を悩ます様子の聖市事務所・吉田辰史社長だが手応えはしっかり感じている。「カナディアン、スコッチらと同様、ジャパニーズウイスキーという銘柄が確立している。まずまずの売れ行き」と、美味な酒だけでなく明るい話題も提供。
     ◎
 茨城県常総市の常総警察署は4日、水海道中学校体育館で、同校と市内の伯人学校2校のフットサル大会を開いた。毎日新聞ウェブ版が報じている。記事によれば、同市には県内最多となる2千人以上の伯人が生活しており、その子どもの多くは日本語が分からず、孤立することが多いため、不良グループに入ったり、不祥事に巻き込まれたりする事例があるという。この状況を改善すべく、地域住民と交流を深めることを目的に、この行事が2010年から始まったとか。この中から未来のフットサル代表選手が生まれることもあるかも。友好的な犯罪防止策だけに、他地域に広がっていくことに期待!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月12日 大耳小耳  11日付のエスタード紙が、日本食レストラン「木下」の元オーナーシェフ、有名寿司職人の村上剛史さんが、8月にジャルジン・パウリスタ区(Alameda Min. Rocha Azevedo, […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年6月14日 大耳小耳  サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の日本代表初戦、チリ戦がいよいよ来週17日(月)に迫っている。だが試合会場のモルンビースタジアム(Praca Roberto Gomes Pedrosa, 1, […]