ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年12月6日

 公邸での天皇誕生日祝賀会に市価500レアル以上ともいわれる高級ウイスキー「山崎」「白州」などを提供したサントリー。再進出したのはまだ今年。関税事情には頭を悩ます様子のサンパウロ市事務所・吉田辰史社長だが手応えはしっかり感じている。「カナディアン、スコッチらと同様、ジャパニーズウイスキーという銘柄が確立している。まずまずの売れ行き」と、美味な酒だけでなく明るい話題も提供。
     ◎
 茨城県常総市の常総警察署は4日、水海道中学校体育館で、同校と市内のブラジル人学校2校のフットサル大会を開いた。毎日新聞ウェブ版が報じている。記事によれば、同市には県内最多となる2千人以上のブラジル人が生活しており、その子どもの多くは日本語が分からず、孤立することが多いため、不良グループに入ったり、不祥事に巻き込まれたりする事例があるという。この状況を改善すべく、地域住民と交流を深めることを目的に、この行事が2010年から始まったとか。この中から未来のフットサル代表選手が生まれることもあるかも。友好的な犯罪防止策だけに、他地域に広がっていくことに期待!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年7月7日 大耳小耳  居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午 […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]