ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年2月5日付け

 群馬県人会が新たな教室を開講する。その名も「だんべい踊り」。同県前橋市の舞踏家が考えたというこの踊り。前橋音頭をアレンジし、振り付けたもので、前橋の市木「イチョウ」の葉をかたどった鳴子を手に持ち踊る。振り付けは自由でサンバやボサノバ調のものも。現在、短期で母県に留学し、この踊りを身につけた生徒が中心になり、同県人会の日本語学校の生徒に特訓中。来週から教室を開始するとか。
     ◎
 サンパウロ日本人学校は、1月13、14日に9事業所で恒例の職場体験学習を実施した。本紙で研修を行った原淑乃、桐生有彩さんから先日、丁寧なお礼の手紙が届いた。「拝啓 暑い日が続いておりますが―」と始まり、きちんと練られた内容で、大人顔負けの文章に感心。一方、同封されていた学校からのポ語で書かれた礼状には、綴りの誤りがチラホラ…。
     ◎
 サッカー日本代表が2日に大分県でベネズエラ代表と親善試合をして無得点で引き分けたが、エスタード通信は試合結果を報じた後、「ベネズエラは南ア大会にすら出場しない」とばっさり。つまり、W杯レベルでないチームと自国で親善試合をやっても、日本代表は1点すら入れられないとの酷評だ。岡田監督は試合後に「勝てなくて残念だったが、ベネズエラがすばらしいプレッシャーをかけてくれて、良い経験ができた。いい感じで東アジア大会を迎えられる」とコメント…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集 兵庫県人会】創立50周年、盛大に祝う=尾西会長「百周年に向け新たな一歩」=井戸知事ら慶祝団70人=交流の継続を確認2010年11月26日 【特集 兵庫県人会】創立50周年、盛大に祝う=尾西会長「百周年に向け新たな一歩」=井戸知事ら慶祝団70人=交流の継続を確認 ニッケイ新聞 2010年11月26日付け  「100周年に向かっての新たな第1歩」――。ブラジル兵庫県人会の尾西貞夫会長は、21日に北海道交流センターであった同県人会創立50周年で、そう高らかに宣言し、これからも日伯交流に尽力することを確認した。母県からは、井戸敏三知事、 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 2年間の在伯生活を語る、フリーアナウンサー竹内香苗さん2015年1月7日 竹内香苗さん独占インタビュー=オブリガーダ、ブラジル!=「愛すべき国」への思い語る 突然の離伯、「志半ば」 「もっと長くいたかったし、知りたい事が沢山あった」―。 インタビュー開始早々、非常に残念そうな表情を見せる。当初5年間の赴任予定が2年に縮まり、その思いがけないブラジルとの別れは、曰く〃志半ば〃だという。 ブラジルの興味は多岐に渡った。観光、食はもち […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]