ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年12月24日

 19日午後5時頃、サンパウロ州カンピーナスのクンビッカ空港を飛び立ったリオ行きのアズール社5114号が突如高度を下げたことで乗客を驚かせた。これは、リオからカンピーナスに向かっていた飛行機と航路が重なったため、衝突を避けようとしてとられた措置だ。幸いにして恐れていたような衝突は起こらなかったものの、航空省は事態を重くとらえ、担当オペレーターを職務からはずした。5114号のパイロットには管制塔からの充分な情報が届いていなかったという。ただでさえ、このクリスマスや年末の時期は空港が混乱するだけに、運行側のこうした不注意は勘弁願いたいところ。
     ◎
 22日午後4時30分頃、サンパウロ市南部のショッピング・インテルラゴスで、4人の若者たちが食堂広場で突如、「騒動が起きた。閉店だ」と叫んで走り出し、騒然となった。結局、これは嘘であることがわかり、騒ぎを起こした4人のうち、未成年者2人と成人1人がサントアマーロ第11警察署に補導された。買い物客に被害はなかったが、この騒ぎで多くの客が帰ったために、店側が大きな損害を受けたという。
     ◎
 21日、モロッコでのサッカーのクラブW杯で南米代表のアトレチコ・ミネイロはアジア代表の広州恒大(中国)との3位決定戦で、ロナウジーニョの退場などがありながらも3—2で辛くも勝利しなんとか3位となった。決勝では欧州代表のバイエルン・ミュンヘンが2—0で開催国枠出場のラジャ・カサブランカに2—0で勝利した。決勝ではブラジル代表のダンテが先取点を決めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」2014年2月19日 カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」 ニッケイ新聞 2014年2月19日 自国開催のワールドカップまであと4カ月。そのタイミングでフォーリャ紙は、1994年から2002年の4大会でW杯に出場し、2度の優勝(94、02年)に輝いた、ブラジル・サッカー史に残る右サイドバック、カフーにインタビューした。 まずカフーは、 […]
  • 「R10」は今年もミネイロに=ロナウジーニョが契約更新2014年1月10日 「R10」は今年もミネイロに=ロナウジーニョが契約更新 ニッケイ新聞 2014年1月10日  「R10」。これは、ブラジル・サッカー界が生んだ名選手のひとり、ロナウジーニョがスペインのバルセロナ時代につけられたニックネームだが、その「ロナウジーニョの10番」は今年もアトレチコ・ミネイロで活動することが9日、正式に決まった。  ヨー […]
  • 東西南北2013年12月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月20日  サッカーのクラブ・ワールドカップに参加していた南米一のアトレチコ・ミネイロだったが、18日にモロッコで行なわれた準決勝ラジャ・カサブランカ戦に1—3で惨敗し、昨年のコリンチャンスに続く南米勢の世界一の夢が早くも崩れた。通年、「欧州一対南米 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月8日  W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを […]
  • 2013年8月29日 来たる!ワールドカップ=開催12都市を簡単に紹介=(11)ポルト・アレグレ ニッケイ新聞 2013年8月29日  ブラジル最南端のリオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルト・アレグレ。「陽気な港」という意味で人口は約150万人、清潔で近代的な雰囲気が漂う南部の重要な都市だ。 […]