ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年12月24日

 19日午後5時頃、サンパウロ州カンピーナスのクンビッカ空港を飛び立ったリオ行きのアズール社5114号が突如高度を下げたことで乗客を驚かせた。これは、リオからカンピーナスに向かっていた飛行機と航路が重なったため、衝突を避けようとしてとられた措置だ。幸いにして恐れていたような衝突は起こらなかったものの、航空省は事態を重くとらえ、担当オペレーターを職務からはずした。5114号のパイロットには管制塔からの充分な情報が届いていなかったという。ただでさえ、このクリスマスや年末の時期は空港が混乱するだけに、運行側のこうした不注意は勘弁願いたいところ。
     ◎
 22日午後4時30分頃、サンパウロ市南部のショッピング・インテルラゴスで、4人の若者たちが食堂広場で突如、「騒動が起きた。閉店だ」と叫んで走り出し、騒然となった。結局、これは嘘であることがわかり、騒ぎを起こした4人のうち、未成年者2人と成人1人がサントアマーロ第11警察署に補導された。買い物客に被害はなかったが、この騒ぎで多くの客が帰ったために、店側が大きな損害を受けたという。
     ◎
 21日、モロッコでのサッカーのクラブW杯で南米代表のアトレチコ・ミネイロはアジア代表の広州恒大(中国)との3位決定戦で、ロナウジーニョの退場などがありながらも3—2で辛くも勝利しなんとか3位となった。決勝では欧州代表のバイエルン・ミュンヘンが2—0で開催国枠出場のラジャ・カサブランカに2—0で勝利した。決勝ではブラジル代表のダンテが先取点を決めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月17日  きょう17日は、サッカーで重要な試合が二つある。ひとつは南米一をかけたリベルタドーレス杯の決勝戦第一試合のアトレチコ・ミネイロ対オリンピア(パラグアイ)戦。ミネイロはベルナールらコンフェデ杯代表選手3人を擁する強豪だが、代表入りを逃したエー […]
  • 東西南北2013年12月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月20日  サッカーのクラブ・ワールドカップに参加していた南米一のアトレチコ・ミネイロだったが、18日にモロッコで行なわれた準決勝ラジャ・カサブランカ戦に1—3で惨敗し、昨年のコリンチャンスに続く南米勢の世界一の夢が早くも崩れた。通年、「欧州一対南米 […]
  • 復帰に向けて身体検査を行うリバウド選手(同選手インスタグラム rivaldooficial より)2015年6月24日 まさかの現役復帰?=まさかの国内復帰?=W杯優勝の元セレソンの両エースが世界のメディアをお騒がせ  6月22日夜、ブラジルサッカー界に驚きのニュースが飛び込んできた。それも二つほぼ同時に。 一つ目は元セレソンの10番で、2002年日韓W杯で優勝したリバウドが現役復帰を検討していると、自身のインスタグラム(画像共有サイト)で明かしたことだ。本人は次のように明かしている。「 […]
  • 昨年11月オーストリア戦で指揮をとるドゥンガ監督2015年1月7日 屈辱の7対1を乗り越えて=なるかサッカー王国復権=監督ドゥンガにかかる重責  64年ぶりの自国開催のサッカーワールドカップで、通算6度目の優勝を至上命題として挑んだブラジル代表(セレソン)だったが、無残にも準決勝でドイツに記録的大差の7対1で敗れ、その夢はついえた。新年に続々と控える公式戦に向けて、新生カナリヤ軍団の行方、かじ取りを予想してみた。  […]
  • W杯に出場する23人の選手とフェリポン監督(Rafael Ribeiroら / CBF)2014年5月8日 セレソン=W杯出場の23人が決定=コンフェデ時と変化少なく=カカーやロビーニョ落選  サッカーW杯に出場するブラジル代表(セレソン)23人が発表された。選出は順当なものだったが、候補として名前もあげられていたカカーやロビーニョは選外となった。7日付伯字紙サイトが報じている。 注目のセレソン発表は7日午前11時30分にリオで行われた。フェリポン監督は発表前、 […]