ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7日、ジャイール・ボルソナロ下議の自由社会党(PSL)への移籍が正式に発表された。議事堂の前には巨大なインフレータブル人形が置かれ、本人は警官や軍人の議員誕生を後押しして、「マシンガン議員団を形成したい」と息まいた。ただ、フォーリャ紙はこの話題には触れず、エスタード紙では「2016年3月以来、2党に大統領候補を断られた末の移籍」という履歴紹介つきで報道された。ボルソナロ氏は世論調査の支持率2位だが、言動が冗談のように取られる傾向が依然として続いている。ネットでの受けは良いものの、現地紙が真面目に認める候補が本格的に選挙活動をはじめたときに果たして逃げ切れるか。
     ◎
 サンパウロ市セントロ(中央部)の名物高架橋「ミニョコン」が、明日10日より、土曜日は全面的に車の通行禁止となる。それまでは、土曜日も午後3時までは通行が可能だった。また、現在は6時30分から21時30分まで認められている月~金曜の車の通行も、5月からは7時~20時までに短縮される。ミニョコンに関しては、ハダジ前市長の頃から、車道として以外の用途の可能性が模索されているが、周辺にできる予定という公園と共に一気に変わるか。
     ◎
 7日のサッカーのサンパウロ州選手権で、コリンチャンスは格下のミラソル相手に試合終盤まで苦戦したが、途中出場の大ベテラン、39歳のエメルソン・シェイキの得点により、1―0で勝利した。これで、コリンチャンスは11日に行われる最終節を待たずして、決勝トーナメント進出が決まった。とりあえず、一安心と言ったところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月20日 東西南北  ダッタフォーリャが19日に発表した世論調査によると、回答者の50%が、「また、新たな軍事政権が誕生するのではないか」と恐れているという。男性で軍事政権誕生を恐れる人は45%だったのに対し、女性は55%で、女性の方が高い。さらに、大統領選でボルソナロ氏を支持した人の65%は「そ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]