ホーム | ブラジル国内ニュース | マラニョンに恐怖走る=バス焼き討ちや警察襲撃=背景には刑務所内の抗争も

マラニョンに恐怖走る=バス焼き討ちや警察襲撃=背景には刑務所内の抗争も

ニッケイ新聞 2014年1月7日

マラニョン州サンルイス市と隣のサンジョゼ・デ・リバマル市で3日、バス4台が焼き討ちに遭い、負傷者が5人出たが、全身に大火傷を負ったアナ・クララ・サントス・ソウザちゃん(6)が6日朝亡くなったと、4~6日付伯字紙やG1サイトなどが報じた。

アナ・クララちゃんらが被害に遭ったのはサンジョゼ・デ・リバマル市内のヴィラ・サルネイ・フィーニョで、バス襲撃した賊が乗客の所持品を奪い、車内にガソリンを撒いて火を放った。この事件では、アナ・クララちゃんの母親と1歳5カ月の妹の他、男性と女性各1人が火傷した。

アナ・クララちゃんは体表面積の95%に火傷を負い、6日朝6時45分に息を引き取った。母親は40%、妹は20%の火傷で入院中だが、命には別状はない。

バス襲撃事件はサンルイス市のペドリーニャス刑務所に3日に軍警や突撃隊60人が配備され、刃物や銃といった武器や麻薬、携帯電話などが押収された事に対する報復とされ、3、4日にはサンルイス市内の警察署2カ所が襲撃され、退役軍警が1人死亡する事件も起きている。犯罪組織関係者の通話の盗聴によれば、同州ではバス20台の襲撃計画があり、州都のバス職員組合は4日、午後6時~午前5時のバス運行停止を決めた。

警察はバスや警察署襲撃に関与したと思われる容疑者を次々に摘発。5日には11人、6日も午前中に6人が身柄を拘束された。

警察は電話の盗聴記録などから、ペドリーニャス刑務所内のジョージ・エンリケ・アモリン(21)が襲撃事件を指示、電話を受けたヒウトン・アラウージョ(27)が実際の襲撃を指揮したと見ている。アラウージョ容疑者は襲撃命令を受けた後、母親に「今日も明日もバスには乗るな」との指示を出している。

ペドリーニャス刑務所では、13年12月24日までに59人(国家法務審議会の報告では60人)の死者が出、米州機構が同州政府に殺人事件回避策の明示を要請。2日にも2人の遺体が発見され、3日に軍警や突撃部隊が導入された。4日には市警や軍警、消防、空中戦術グループも強化され、法務省も州政府に連邦刑務所への囚人移管を提案した。

同刑務所内では州都の犯罪組織「ボンデ・ドス・40」と市外の「マラニョン第一コマンド」「アンジョス・ダ・モルテ」の3組織が対立し、斬首や絞殺、槍様の物で何カ所も刺して殺す、生きたまま皮を剥ぐといった事件が頻発。抗争後は各所に遺体が転がるという衝撃的な映像が多くの人を驚かせた。収監者の家族が携帯電話や麻薬などを持ち込むのは日常茶飯事、自分の身を守るため、妻や妹に性を貢がせる犯罪者も多数いる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す2014年4月25日 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す ニッケイ新聞 2014年4月25日  リオデジャネイロ市北部マレー地区のファヴェーラ(スラム街)で、14歳の少年が4歳のいとこを殺害した上で洗濯機の中に隠すという事件が起きた。  事件が起きたのは17日午後。兄弟に家を追い出された14歳の少年がおばのヴァネッサ・リーマ・ドス・サ […]
  • MCダレステ殺人事件=「防弾チョッキの使用を」=銃弾恐れるファンキ歌手たち2013年7月31日 MCダレステ殺人事件=「防弾チョッキの使用を」=銃弾恐れるファンキ歌手たち ニッケイ新聞 2013年7月23日  6日にサンパウロ州カンピーナスでの公演中、ステージ上で射殺されたファンキ歌手、MCダレステの死以降、ファンキ歌手たちが身の安全を守るため、防弾チョッキの使用許可を求めている。21日付伯字紙が報じている。  ファンキは近年のサンパウロ州の […]
  • 国連PKOにブラジル人司令官=コンゴへの派遣兵を指揮2013年5月22日 国連PKOにブラジル人司令官=コンゴへの派遣兵を指揮 ニッケイ新聞 2013年5月22日  国連平和維持活動(PKO)の一環として、コンゴに派遣されている平和維持軍の新司令官に、ブラジルのカルロス・アウベルト・ドス・サントス・クルス大将(60)が指名されたと17日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 東西南北2013年5月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月22日  ジウマ大統領は20日、ペルナンブーコ州サンロウレンソ・ダ・マタでオープンするコンフェデ杯の会場、アレーナ・ペルナンブーコの落成式に訪れ、大観衆の前で自らゴールにシュートを決める姿を披露した。そのシュートのボールをパスしたのは、同州知事のエド […]
  • 東西南北2013年4月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月30日 […]