ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行

ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行

 昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。
 タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、ドン・ペドロ高速道116キロ地点で遺体で発見された。傍らにはバイクと衣服の入ったカバンがあり、602レアルの所持金があったという。
 また、同じく1日、サンパウロ州インダイアツーバで、レアサに暴力を受けた女性が病院に運ばれ、入院した。女性は目と顔に浮腫ができるほど顔がはれ上がり、顎骨が骨折していた。
 この女性は既婚者であるレアサの婚外の愛人で妊娠中だった。容態は重く、手術が必要な状況だという。
 警察はレアサが亡くなる直前に妻あてに送った音声メッセージも入手している。そこでは彼が、「もし、愛人の子供が生きていたら、育てるのを助けてやってくれ」と語っていたという。
 レアサは昨年の大統領選の際に候補だったボウソナロ氏にほれ込み、キャンペーン用のジングルを同氏のために歌い、録音したことで有名になっていた。
 レアサの死を知ったボウソナロ大統領は2日午前、自身のツイートで「ブラジルを変えようとしていた才能ある若者が亡くなった」として、その死を悼んだ。レアサと共に写った写真も持っている、ボウソナロ氏の三男で下院議員のエドゥアルド氏も追悼した。
 だが、両者共に、レアサが死の直前に行った愛人への暴力行為については触れず、ツイッターの読者から強い抗議が起きていた。
 ボウソナロ氏は下院議員時代に、女性議員に対し、「レイプの値打ちもない」と発言し、最高裁での審理対象になるほど女性差別問題で有名だ。
 レアサは昨年9月の女性たちによる反ボウソナロ氏のデモに対し、抗議する女性たちを雌犬と比較する女性蔑視的な歌を作り、物議を醸してもいた。(2日付G1サイト、3日付カトラッカ・リヴレサイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点2019年6月18日 コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点  地元開催のサッカーのコパ・アメリカが14日に開幕した。サンパウロ市モルンビ・スタジアムの開幕戦でブラジル代表(セレソン)はボリビアに3―0と快勝し、白星で初戦を飾った。15日付け現地紙が報じている。  ボウソナロ大統領も観客席で応援した。セレソンは、負傷欠場したエースのネイ […]
  • 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人2019年6月15日 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人  ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその周辺の市が、13日に豪雨に見舞われ、死者や行方不明者が出る事態に陥った。  レシフェ大都市圏を見舞った雨は、12時間で半月分の降水量に達するほどの豪雨で、各地で洪水や土砂崩れ、倒木などを引き起こした。  レシフェ市近郊のカマラジベ市では […]
  • 南米=アルゼンチンとウルグアイで大停電=水力発電所がトラブルの原因か2019年6月18日 南米=アルゼンチンとウルグアイで大停電=水力発電所がトラブルの原因か  アルゼンチンとウルグアイの全土で16日、大停電が起きた。17日付現地紙が報じている。  大停電が起きたのは16日午前7時7分頃で、発端はアルゼンチン側。電力配給会社「エデスル・アルゼンチーナ」の発表によると、今回の停電は、パラグアイ国境にある両国共同経営のヤシレタ・ダムとサ […]
  • 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?2019年6月14日 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?  今日14日はゼネストが行われる可能性が強いが、13日の時点でさん市内で予想されていることを13日付現地サイトが報じている。  今回のストは社会保障制度改革反対を訴えるもので、サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)、市内のバスを運営するSPトランスが参加を表明し、市民の足が心配 […]
  • 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力2019年6月15日 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力  ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。  1943年にサンパウロ市で生まれ […]