ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行

ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行

 昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。
 タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、ドン・ペドロ高速道116キロ地点で遺体で発見された。傍らにはバイクと衣服の入ったカバンがあり、602レアルの所持金があったという。
 また、同じく1日、サンパウロ州インダイアツーバで、レアサに暴力を受けた女性が病院に運ばれ、入院した。女性は目と顔に浮腫ができるほど顔がはれ上がり、顎骨が骨折していた。
 この女性は既婚者であるレアサの婚外の愛人で妊娠中だった。容態は重く、手術が必要な状況だという。
 警察はレアサが亡くなる直前に妻あてに送った音声メッセージも入手している。そこでは彼が、「もし、愛人の子供が生きていたら、育てるのを助けてやってくれ」と語っていたという。
 レアサは昨年の大統領選の際に候補だったボウソナロ氏にほれ込み、キャンペーン用のジングルを同氏のために歌い、録音したことで有名になっていた。
 レアサの死を知ったボウソナロ大統領は2日午前、自身のツイートで「ブラジルを変えようとしていた才能ある若者が亡くなった」として、その死を悼んだ。レアサと共に写った写真も持っている、ボウソナロ氏の三男で下院議員のエドゥアルド氏も追悼した。
 だが、両者共に、レアサが死の直前に行った愛人への暴力行為については触れず、ツイッターの読者から強い抗議が起きていた。
 ボウソナロ氏は下院議員時代に、女性議員に対し、「レイプの値打ちもない」と発言し、最高裁での審理対象になるほど女性差別問題で有名だ。
 レアサは昨年9月の女性たちによる反ボウソナロ氏のデモに対し、抗議する女性たちを雌犬と比較する女性蔑視的な歌を作り、物議を醸してもいた。(2日付G1サイト、3日付カトラッカ・リヴレサイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中2019年8月3日 リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中  リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。  被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。  被 […]
  • リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人2019年7月31日 リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人  リオ市南部のラゴア区で28日、路上生活者が錯乱状態に陥り、停車中の車の運転手ら3人を刃物で刺すという事件が起きた。  目撃証言によると、プラシド・コレア・デ・モウラ容疑者(44)は、事件当時、精神に異常をきたし、意味不明な言葉を叫んでいたという。  防犯カメラの映像による […]
  • 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中2019年8月3日 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中  ダッタ・フォーリャが7月4~6日に国内168市在住者、計2088人を対象に行った調査で、「先住民(インジオ)保護区の開発のために鉱物採掘会社が保護区内に入ることを政府は認めるべきか」との設問に、86%が「全く同意しない」、7%が「一部同意する」、7%が「完全に同意する」と答え […]
  • 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ2019年7月31日 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ  国際的な非政府団体(NGO)のグローバル・ウィットネスが30日、18年にブラジルで殺された環境活動家は20人で、世界で4番目に多かったと発表したと同日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  同NGOによると、鉱物採掘や木材伐採、牧畜なども含む農産物加工業拡大などに対抗し、土地や […]
  • ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味2019年7月31日 ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味  医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。  ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱 […]