ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日、ブラジルのネット上がボウソナロ大統領の新たな疑惑で沸騰した。それはこの日の朝、マリエレ・フランコ元リオ市議が殺害された2018年3月14日に、「ボウソナロ氏が体調を崩し、リオの自宅に戻った」という、あるジャーナリストのツイートが再発見されたためだ。さらに、議員公式サイトで、同氏がこの日にリオ行きの航空券を2枚買っていた事実も判明した。これによって、「マリエレ殺害犯がコンドミニオに来た時、ボウソナロ氏は家にいたのか」の疑惑が再燃したためだ。だが、ボウソナロ氏はこの日、下院で行われた投票のビデオに映っている。謎はますます深まるばかりだ。
     ◎
 15日は共和国宣言記念日で祝日。20日もサンパウロ州は黒人の日なので、大型連休を取る人も少なくない。そこで今日の高速道の情報を。内陸方面で渋滞するのは、ヅットラが8~14時、アイルトン・セナが7~13時、アニャンゲーラが8~14時、カステロ・ブランコが8~14時、レジス・ビッテンコートが6~14時、フェルナン・ジアスが11時~18時。海岸方面は、タモイオスが8~12時、アンシエタで7~17時が渋滞となる見込みだ。
     ◎
 今日からの3連休の公共機関の運営状況は、銀行、電力公社、水道局、プロコン、図書館、市営市場などは3連休。郵便局は明日のみの営業となる。病院は救急病院や24時間体制のAMAは3日とも開業、通常のAMAとAMAに統括されたUBSは日曜のみ休業、特別診療科のAMAと通常のUBS、レデ・オーラ・セルタや動物病院は3日とも休みとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年6月23日 東西南北  18日のファブリシオ・ケイロス容疑者逮捕以来、彼をかくまっていたとされるフレデリック・ワセフ弁護士への注目度が急速に高まり、ピアーダ(冗談、笑い話)まで浮上している。このピアーダは、ワセフ氏がかくまっていたことを否定したグローボ局のインタビューで、女性ジャーナリストが「では、 […]
  • 東西南北2020年6月18日 東西南北  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、映画館や劇場、サッカースタジアムなどが開かないため、娯楽が減って生活が退屈になりがち。その対策として、野外で映画鑑賞を行う「ドライブイン・シアター」が人気を集めている。サンパウロ市西部バラ・フンダのラテンアメリカ記念館が17日に始 […]
  • 東西南北2020年6月20日 東西南北  一般犯罪も当然起きている。それどころか、全国でもっとも外出自粛が厳しかった今年の4月、ブラジルでは殺人事件が3950件も起き、しかも昨年同月より8%増えた。今年2月は4001件、3月は4151件なので、それに比べれば減っている。だが、外出する機会が激減したのに、殺人件数の方は […]
  • 東西南北2020年6月11日 東西南北  サンパウロ市では10日より、商店や不動産屋の営業再開が認められた。ショッピングセンターは11日から。今回の営業再開には様々な制限がかけられており、一般商店の営業時間は11~15時、ショッピングセンターは6~10時か16~20時の4時間となっている。どちらも営業規模を外出自粛前 […]
  • 東西南北2020年6月16日 東西南北  この週末も、各地でボウソナロ大統領に抗議するデモが行われた。13日のサンパウロ市パウリスタ大通りでは、参加者が各々、社会的距離を保ち、コロナウイルスや軍政下の迫害、警官によって死亡した人たちの写真を掲げるという静かな抗議行動が行われた。サンパウロ市では14日も大統領支持派と反 […]