ホーム | コラム | オーリャ! | 軍政時代の生々しい話

軍政時代の生々しい話

 ある日の午後、陸軍予備役大佐の京野吉男氏を取材していたら、軍事独裁政権時代の話になった。当時の話はタブー視されている印象なので、このように聞くのは初めてだった。
 軍政時代は1964年に始まり、85年まで21年間続いた。現在83歳の京野氏は、当時30代、40代。まさに軍人として全盛期だった。
 軍政時代は一般的に「クーデター」と言われるが、当時のインフレ率の上昇や財政赤字、農地改革などの社会改革の立案による国民のジョアン・ゴラール政権に対する反感や社会の混乱に対し、カステロ・ブランコ将軍がクーデターを実施したので、肯定派からは「革命」と呼ばれる。しかし軍政時代は、決して明るいものではなかった。
 京野氏は「国のためにやった」と記憶をたどる。パラグアイ国境近くまで敵を追い詰めたときの様子。その時に京野氏がどう対峙し、命を奪うこともあったとの告白も。どれも生々しい。
 戦後に日本で平和に育った身としては、軍隊は遠い存在だ。正直に言うと、話を聞いていて寒気さえ覚えた。軍政時代について書かれている資料によれば、「少なくとも437人が死亡・行方不明にされた」とある。その事実がうっすらと頭によぎった。(有)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • インジオの弔いの儀式2019年5月18日 インジオの弔いの儀式  トレンディ・ツーリズモの「インディオツアー」にオーリャ子も取材で同行し、インジオ部族の一つ「クイクロ族」の伝統舞踊を見る機会があった。歓迎を表す舞踊や、亡くなった仲間の一周忌に行う儀式「クアルッピ」を披露していた。  クアルッピは通常2日間行われるという。死者を模した木材に […]
  • 反応が大胆な映画鑑賞者2019年5月11日 反応が大胆な映画鑑賞者  来伯して1か月、先日初めて映画館に行った。「世界最大の日系社会があるのだから、日本語の吹き替えや字幕がついた映画が上映されているのでは」と期待して探したが見つからなかった。  仕方なくポ語字幕がついたアメリカ映画を選び、チケット窓口では携帯の翻訳アプリを使ってやり取りして、 […]
  • “人たらし”な魅力2019年5月8日 “人たらし”な魅力  伯国日本語センターの日下野良武理事長は就任直後の昨年4月、活動の3本柱の一つとして「日本との連携強化」を挙げた。その後すぐに訪日し、日本政府へ支援を訴えた。今年で77歳を迎える同氏の行動力には、いつも刺激を受ける。  日下野理事長はかつてサンパウロ新聞専務を務めた経験があり […]