ホーム | コラム | オーリャ! | 軍政時代の生々しい話

軍政時代の生々しい話

 ある日の午後、陸軍予備役大佐の京野吉男氏を取材していたら、軍事独裁政権時代の話になった。当時の話はタブー視されている印象なので、このように聞くのは初めてだった。
 軍政時代は1964年に始まり、85年まで21年間続いた。現在83歳の京野氏は、当時30代、40代。まさに軍人として全盛期だった。
 軍政時代は一般的に「クーデター」と言われるが、当時のインフレ率の上昇や財政赤字、農地改革などの社会改革の立案による国民のジョアン・ゴラール政権に対する反感や社会の混乱に対し、カステロ・ブランコ将軍がクーデターを実施したので、肯定派からは「革命」と呼ばれる。しかし軍政時代は、決して明るいものではなかった。
 京野氏は「国のためにやった」と記憶をたどる。パラグアイ国境近くまで敵を追い詰めたときの様子。その時に京野氏がどう対峙し、命を奪うこともあったとの告白も。どれも生々しい。
 戦後に日本で平和に育った身としては、軍隊は遠い存在だ。正直に言うと、話を聞いていて寒気さえ覚えた。軍政時代について書かれている資料によれば、「少なくとも437人が死亡・行方不明にされた」とある。その事実がうっすらと頭によぎった。(有)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失2020年9月16日 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失  世界でも最大級の熱帯性湿地のパンタナルでの森林火災が一向に収まる気配を見せず、動物達の墓場と化していると13~15日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル中西部のマット・グロッソ州からマット・グロッソ・ド・スル州にかけて広がり、ボリビアとパラグアイの一部にもまた […]
  • パラグアイ=極左テロ集団が元副大統領誘拐=仲間の解放と貧民に食料要求2020年9月16日 パラグアイ=極左テロ集団が元副大統領誘拐=仲間の解放と貧民に食料要求  パラグアイで先週から、元副大統領が誘拐され、国を震撼させている。14日付伯字紙が報じている。  誘拐されたのは、2012年6月から13年8月にフェデリコ・フランコ大統領の副大統領を務めたオスカル・デニス氏(74)だ。同氏は9日、マット・グロッソ・ド・スル州との国境を有するベ […]