ホーム | コラム | オーリャ! | “人たらし”な魅力

“人たらし”な魅力

 ブラジル日本語センターの日下野良武理事長は就任直後の昨年4月、活動の3本柱の一つとして「日本との連携強化」を挙げた。その後すぐに訪日し、日本政府へ支援を訴えた。今年で77歳を迎える同氏の行動力には、いつも刺激を受ける。
 日下野理事長はかつてサンパウロ新聞専務を務めた経験があり、今もジャーナリストを続けている。初対面の時からサ紙創立者の故・水本光任氏から気に入られ、サ紙に入ってほしいと何度も口説かれたのだとか。そして初代東京支社長に抜擢された。この逸話からも、同氏の“人たらし”たる魅力が窺える。
 皇室との付き合いも深く、73年5月にサ紙が東京・新宿の伊勢丹デパートで主催した「大ブラジル展」では、開会式にご臨席された三笠宮殿下から報告を受け、なんと昭和天皇が同展をご覧になったとか。これも日下野理事長の魅力故ではないだろうか。
 「引き受けたからには全力でやる。家庭を顧みれなくて、女房には辛い思いをさせているけれど…」と苦笑しつつ邁進し続ける日下野理事長。日本語教育推進の法案が成立すれば、その影の立役者の一人としてコロニア史に名前を残し、家族にかけた苦労に報いる成果になるかも。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルに怒り魅せられた旅2019年11月20日 ブラジルに怒り魅せられた旅  14日夜、翌日からの連休を利用し、旅行しようとサンパウロ市のチエテ・バスターミナルへ向かった。友人から「ターミナル近くの歩道橋が崩落し、大渋滞になっている」と知らせがあり、コラム子はメトロを使ってターミナルに移動した。  歩道橋崩落の影響でバスは発車予定時刻になっても来ない […]
  • サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため2020年3月13日 サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため  今月11日、伊藤忠商事は同社ブラジル駐在員のコロナウイルス罹患確認後、聖市オフィスを閉鎖していると発表した。  罹患が確認された男性社員は2月23日から29日までの間、休暇を利用し福岡県に滞在していた。3月1日にサンパウロに戻ってからは、会社規定に従い、常時マスクで勤務し一 […]
  • サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中2020年3月12日 サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中  サンパウロ大都市圏のフェラス・デ・ヴァスコンセロス市で9日夜、同市のスポーツ局長が自宅前で銃撃され、殺害された。11日付現地紙が報じている。  亡くなったのはフランシスコ・ペレイラ・デ・ブリット氏。同氏は9日、同市ジャルジン・サンジョヴァンニ地区にある自宅に帰宅したところ、 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)2020年3月12日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)  家にはネナと下の三人の子どもしかいなかった。銅像広場のオリヴェイラ先生の中学予備校に通っているツーコ、小学校3年生のヨシコと1年生のジュンジだ。四人は母といっしょに恐ろしいシーンを眺めた。息子を叩きつけながら正輝はうなり声を上げていた。家にマンガを置くことは絶対に許さないと正 […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]