ホーム | コラム | オーリャ! | “人たらし”な魅力

“人たらし”な魅力

 ブラジル日本語センターの日下野良武理事長は就任直後の昨年4月、活動の3本柱の一つとして「日本との連携強化」を挙げた。その後すぐに訪日し、日本政府へ支援を訴えた。今年で77歳を迎える同氏の行動力には、いつも刺激を受ける。
 日下野理事長はかつてサンパウロ新聞専務を務めた経験があり、今もジャーナリストを続けている。初対面の時からサ紙創立者の故・水本光任氏から気に入られ、サ紙に入ってほしいと何度も口説かれたのだとか。そして初代東京支社長に抜擢された。この逸話からも、同氏の“人たらし”たる魅力が窺える。
 皇室との付き合いも深く、73年5月にサ紙が東京・新宿の伊勢丹デパートで主催した「大ブラジル展」では、開会式にご臨席された三笠宮殿下から報告を受け、なんと昭和天皇が同展をご覧になったとか。これも日下野理事長の魅力故ではないだろうか。
 「引き受けたからには全力でやる。家庭を顧みれなくて、女房には辛い思いをさせているけれど…」と苦笑しつつ邁進し続ける日下野理事長。日本語教育推進の法案が成立すれば、その影の立役者の一人としてコロニア史に名前を残し、家族にかけた苦労に報いる成果になるかも。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で2021年5月12日 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が7日、ブラジルで最初に新型コロナのワクチン接種を受けた看護婦のモニカ・カラザンス氏の手で、初回のワクチン接種を受けたと7日付G1サイト、R7サイトなどが報じた。  同知事が接種を受けたワクチンは、同知事自身が導入に努め、中国のシノ […]
  • 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に2021年5月12日 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に  11日、保健省は東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手や監督などの関係者全員に、新型コロナのワクチン接種を行うことを正式に発表した。11日付現地サイトが報じている。  この件に関する記者会見は11日に行われた。マルセロ・ケイロガ保健相はこの席で、「選手たちに […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止2021年5月12日 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止  国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。  同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内 […]
  • 東西南北2021年5月12日 東西南北  10日、サンパウロ市ベラ・ヴィスタ区で、3歳の男の子が壁に打ち付けられて死亡する事件が起きた。容疑者と見られる少年の母親は茫然自失の状態でシャワーを浴びており、精神科の救急外来に入院した。同居していた祖母によると、少年は彼女と共にテレビを見ていた。だが、午前9時頃、台所にいた […]
  • NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ2021年5月12日 NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ  サンパウロ州アルジャ市にある日系最大のスポーツクラブ、ニッポン・カントリークラブ(佐々木ヴァルテル会長、以下NCC)は4月25日に総会を開催し、12年間会長を務めた佐々木氏が勇退し、鴨井春海ルーベンス氏(62歳)が新会長に就任した。単一シャッパで24年までの新理事会が […]