ホーム | 日系社会ニュース | 日本式介護18人が修了=CIATE介護実務講習

日本式介護18人が修了=CIATE介護実務講習

受講証明書を手にする受講者ら

受講証明書を手にする受講者ら

 国外就労者情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)は1月14~17日、サンパウロ市文協ビル内の同センター会議室で、日本での介護職就労希望者を対象とする介護実務講習を行った。
 日系の中年女性を中心に19人が参加し、JICAシニアボランティアとして来伯中の日本人介護士、長橋秀樹、鳥羽肇、村田菊代、長谷川美津子4氏から日本式介護の基礎を学んだ。
 講習は毎日午前9時から午後4時まで行われ、介護の基礎知識や日本の施設の特徴についてなどが講義された。ベッドから車椅子への移乗方法や食事のさせ方、排泄の手伝い方などの実技演習も行われ、最終日の確認テストに合格した18人には受講証明書が贈られた。
 日本での就労希望者が対象の同講習だが、参加動機に身近な高齢者を介護するため日本の先進的な介護技術を学びたいという人も多かった。
 講習を受けた山田まゆみさん(55、二世)は、過去に日本の工場で3年間の就労経験があり、日本語も堪能。現在は90歳になる義母の介護を行う。義母の介護の参考にと参加したが、「介護される人のことを第一に考える日本式介護に興味がわいた。日本での再就労時には介護職に就くことも考えたい」と語った。


□関連コラム□大耳小耳

 「会話を食事よりも楽しみにしている高齢者は少なくありません。シンパチカなブラジル人は介護職に絶対に向いています。これからもぜひ勉強を続けてください」。CIATE介護実務講習の閉講挨拶に立った長橋さんはそう受講者らを激励した。寂しさを抱える高齢者は多い。生活補助の技術だけでなく、心情に寄り添い、生活を豊かにするところまで考えるのが介護の真髄。今後、高齢化社会となるブラジルでは、日本式介護がより必要とされそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 麻薬密輸のセスナ機墜落=連警が映画顔負けの捕り物2013年9月28日 麻薬密輸のセスナ機墜落=連警が映画顔負けの捕り物 ニッケイ新聞 2013年9月28日  サンパウロ州内陸部のボカイナ(サンパウロ市から298キロ)で25日夜、連邦警察(以下、連警)による麻薬捕獲作戦が行われ、警察の動きに気づいた麻薬搭載のセスナ機が墜落して炎上、麻薬の一部が押収され、操縦士と麻薬密売者ら4人が逮捕された。 […]
  • 大耳小耳2019年9月3日 大耳小耳  8月27日にジャパン・ハウスで宮崎県と在聖総領事館が共催した「みやざきの夕べ」では、2階のレストラン藍染で実際に食文化を体験する時間が設けられた。本物の宮崎牛、焼酎などは申し分なく堪能できる美味。ところが同レストランが作った〝郷土料理〟には、慶祝団からも「物言い」がついた。チ […]
  • 北海道が総合優勝飾る=東北・北海道親睦演芸祭2003年10月15日 北海道が総合優勝飾る=東北・北海道親睦演芸祭 10月15日(水)  東北六県北海道親睦会主催の「第二十回東北・北海道親睦演芸祭」が十二日(日)午前九時から、ブラジル北海道交流センターで開催され、約三百人が参加した。 […]
  • 独移民の町、ポメローデ2019年2月9日 独移民の町、ポメローデ  世界最大規模のオクトーバーフェストが催されるサンタカタリーナ州ブルメナウから、車で一時間ほど離れたところに「ポメローデ」というドイツ移民の町がある。〝ブラジルで最もドイツらしい町〟との名を冠するところだ。  ブルメナウからは近いが、ポメローデ行きの路線バスは一日数本しか出て […]
  • 《ブラジル》人口高齢化が医療費圧迫?=保健医療制度の再編成が必要2017年10月10日 《ブラジル》人口高齢化が医療費圧迫?=保健医療制度の再編成が必要  サンパウロ市で9日に行われた健康フォーラム(ブラジル米国商工会議所主催)において、ブラジルの人口の高齢化と、医療費の上昇により、2030年までに、民間医療保険の保険料を上げる必要があると、レアンドロ・フォンセカ国家医療サービス監督庁(ANS)長官は述べた。  地理統計院(I […]