ホーム | 日系社会ニュース | レジストロで18年ぶり=松村杯サンシルヴェストレ

レジストロで18年ぶり=松村杯サンシルヴェストレ

ニッケイ新聞 2014年1月7日
レジストロの大通りを一斉にスタートする選手達

レジストロの大通りを一斉にスタートする選手達

旧年12月29日午前9時、レジストロ市のジョーナス・バンクス大通りで18年ぶりにサンシルヴェストレが行われた。主催はレジストロ文化体育協会、レジストロ市役所、ノチシア・ド・ヴァーレ新聞。

この行事はレジストロ・ベースボール・クラブが松村昌和さん(元同会長・運動部長)が中心となり、1955年から1995年まで40回連続開催されていた。

18年間途絶えていたが、地元の田中貞夫さんの熱い要望で実行され、この大会は「松村昌和杯」と命名された。

ロンドリーナ、ペロッタス、クリチーバ、リオデジャネイロ、サンパウロ、サンカルロス、ピエダーデ、イタペチニンガ、バウルー、ジュキチーバ、カジャチ、パリケーラス、ジュキア、ミラカツ、エウドラード、ジュキア、カナネイア、イーリャ・コンプリーダ、イグアッペ、レジストロから約100人の選手が参加した。男女成年とヴェテラーノが1万メートルと5千メートルを競った。

男子1万メートル優勝者はクリチーバ在住のアリソン・ロッシャ・ペースさん。同選手は、昨年セルヴィアで開催されたクロスカントリーでブラジル選手の中で3番目、2012年には23歳以下の競技でブラジルで2位、南米選手権で6位に入賞している。(金子国栄さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ