ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月8日

 4日に聖州モコカで遺体が発見された4歳児のイリス・マルチンス・カルドーゾちゃん殺人事件で、聖州地方裁判所は5日、イリスちゃんの継父と母親に逮捕状を出した。2人は4日から警察に拘留されている。警察の調べによると、イリスちゃんは4日朝、自宅脇の荒地にきれいな衣服と体を洗った状態で発見されたが、親の部屋に血のついた衣服が見つかっていた。イリスちゃんの遺体にはナイフによる刺し傷が三つあったが、それによって左の肺に穴が空いていたという。また、イリスちゃんに抵抗の跡が見られなかったことから、睡眠中に殺されたと推測されている。

     ◎

 聖州の登録者協会(Arpen―SP)が、2013年に州で登録のあった赤ちゃんの名前の上位10位を発表した。男の子で1位になったのはダヴィで、以下、ミゲル、ペドロ、ジョアン、アルトゥール、ガブリエル、ルーカス、エンゾ、マテウス、ギリェルメと続いている。女の子の1位はマリアで、以下、アナ、ソフィア、ラウラ、アリッセ、ロレーナ、ジュリア、イザベラ、ヤスミン、ベアトリスとなっている。

     ◎

 今期から約3年半ぶりにコリンチャンスの指揮をとることとなったマノ・メネゼス監督が6日、再就任の記者会見を行なった。前任のチチ監督はチームを2012年に世界一まで導いたが、「チームを刺激するためにあえて変化を求めて行きたい」と語った。マノ氏は伯国代表(セレソン)の前監督でもあるが、「今度はセレソン監督のためにコリンチャンスを辞めたりはしない」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月24日 東西南北  サンパウロ市地下鉄の発表によると、毎年発表している1月1日から6月11日までの期間における、同地下鉄における重大な故障の発生状況が、2000年の統計開始以来、過去最悪になっていたことがわかった。今年発生した故障は44件で、計61時間にわたり、乗客が迷惑を被ったことになったとい […]
  • 東西南北2013年4月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月30日 […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2013年3月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年3月2日 […]
  • 17歳少年が元彼女銃殺=18歳になる前日の犯行=抗争相手らと話したとして2014年3月14日 17歳少年が元彼女銃殺=18歳になる前日の犯行=抗争相手らと話したとして ニッケイ新聞 2014年3月14日 連邦直轄区内ガマ市で9日正午頃、17歳の少年が誕生日前日に14歳の少女を銃殺、その映像を携帯電話用のメッセージ交換プログラムで流すという事件が起きたと13日付伯字紙が報じた。 被害者のヨラリ・ジアス・フェレイラさんはネット(SNS)で加害者 […]