ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月15日

 日鉄住金ステンレス鋼管で働いていたデカセギの一人を、鹿田正人さんは直接尋ねた。すると「どんな企業よりも待遇が良かったと彼は言っていた。部屋もきれいで過ごしやすく、これ以上ない快適な労働環境が用意されたと手放しに喜んでいた。これほど感謝される馬場さんに何とか協力したいと思った」と語った。確かに馬場さんほどデカセギに感謝する日本企業(元)社長は珍しいだろう。それにしても、デカセギのおかげで救われた会社は実はたくさんあるのでは。もっとも、デカセギ仕事のおかげで救われた日系人はもっと多い?!

     ◎

 12日に行われた裏千家の初釜新年会。正座席で出席者が居心地悪そうに足を動かしている様子を見かね、急遽椅子が用意され会場から笑いが起こった。日系人とはいえ、西洋生活様式に慣れると正座は苦しい。そこで足に負担が少ない楽な正座の仕方を調べてみると、「足首で円を作って、その中にお尻を収めるように座る」「指先を座布団の端に寄せる」「左右の親指を重ね、時々上下を入れ替える」などいくつか裏技があるよう。それらもこうした機会に伝授してみては?

     ◎

 日系人が多い群馬県大泉町にある「川目法律事務所」が今年4月から、ポ語ができる事務員を置き、ブラジル人の相談に常時対応できる態勢を整える。読売新聞ウェブ版が報じた。生活上のトラブルを解消したり、ブラジル企業の進出などを法律面から後押ししたりする狙いがあるという。昨年12月から週1回のペースで始まった無料法律相談会には、過去3回で10数件の問い合わせがあるなど、需要の高さが伺えるよう。今までなかったことが不思議なくらいだが、永住を決めた伯人の一助になれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 大耳小耳2013年5月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月22日  群馬県大泉町で18日、日本人と日系ブラジル人の住民ら約30人が、共に道路清掃を行った。読売新聞が報じた。この取り組みは、1枚の割れたガラスを放置するとその周辺から治安が乱れ、やがて地域全体の治安が悪化するという米国の「割れ窓理論」をヒントに […]
  • 大耳小耳2013年9月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年9月21日  ラーモス移住地で開かれた『第16回さくら祭り』。今年は協賛する州政府からの3万5千レの助成により、特設ステージと食事会場に専門業者によるテントが設置され、音響機器やサーチライト付きの照明機材も大型のものを用意。本文中の関係者は「特にテントは […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]