ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月18日

 小野田寛郎さんが亡くなった(本日付6、7面で詳報)。何度かあった小野田さんとの出会いを思い出した。日系団体の旅行で訪れたヴァルゼア・アレグレ移住地で小野田さんが出迎えてくれるという。「Fazenda ONODA」の看板に胸躍った。しかし会館に行っても小野田さんがまだ来ていないというので、バスは参加者らの好奇心も手伝い、自宅へと向かった▼ひどい悪路で途中から引き返した一行を迎えたのは、満面の笑みで直立不動の小野田さん。聞けば、一行が往復した道を通って今着いた、という。一本道なのに―さすがはゲリラ戦の猛者だと感服した▼読んだ伝記で一番印象に残っていたのは、29年間のジャングル生活で一番恐れたのは、住民の襲撃でも獣でもなく病気だったというエピソード。水は必ず煮沸し野菜も絶対に生では食べなかったという。昼食会での刺身やサラダを前にした健啖ぶりに恐る恐る聞いてみると、「いやあ大好きですよ!」の笑顔にしびれた▼数年後、サンパウロであった講演会の楽屋で取材したさい、少々耳の遠い小野田さんを慮って夫人の町枝さんが補足説明するのを「貴様は黙っとれ!」と一喝した姿は、亭主関白を超え、まさに軍神だった▼マレーの虎と呼ばれた山下奉文のルソン島の戦いで「敵艦見ゆ 進路北」との情報を送ったことでも知られる。終戦時に埋められたという〃山下財宝〃を守る任務を帯びていたとも。真偽のほどは定かではないが、その件に関しては、決して答えようとしなかったという。また一つ、戦時のミステリーが伝説となったことになる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』2017年7月28日 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』  コロニア人物紹介本で、これほど網羅した本はもう二度と出版されないかも――このほどサンパウロ新聞から出版された『ブラジルの大地に生きる』(392頁)のことだ。なんと2年半かけて北はアマゾンから南は南大河州まで、靴をすり減らして歩き回って120人も取材した労作だ。  う […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体が聖市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、聖市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会、兵庫県 […]
  • 小野田さん追悼合同ミサ=3月12日に聖市教会で2014年2月8日 小野田さん追悼合同ミサ=3月12日に聖市教会で ニッケイ新聞 2014年2月8日  フィリピン・ルパング島で終戦後も遊撃戦を約30年も続けた元陸軍少尉でブラジル移民、故小野田寛郎さん(享年91)の「お別れ会」が3月12日に東京の靖国神社「啓照館」で行われる。聖市でも追悼できるよう同日にジョンメンデス広場のサンゴンサーロ教会 […]
  • 大耳小耳2014年2月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月19日  USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、伯人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに始まっ […]
  • 大耳小耳2014年2月5日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月5日  ダリアの球根は、開花時期の調整のため、思った以上に繊細な管理が必要のようだ。6月頃から球根の堀上げ、株分け、冷蔵処理による強制的休眠を2カ月間、発芽を促す過程など経て、3月のダリア祭で華麗に咲き誇るという。病気対策も必須で、連作障害にも気を […]