ホーム | 日系社会ニュース | 援協で食生活講演会=参加者50人、関心高く

援協で食生活講演会=参加者50人、関心高く

ニッケイ新聞 2014年1月21日

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)福祉部が16日午前、本部5階の講堂で、栄養士の足立エレナさん(36、二世)を招き「食生活」について講演を行った。女性高齢者を中心に約50人が出席した。

 バランスの取れた食事習慣、水分の摂取量、運動をすることの重要性、薬品との付き合い方など、食事に関わる事柄だけでなく健康を保つための総合的な内容となった。質疑応答では多数の質問が寄せられ、関心の高さが伺えた。

 生まれ故郷の聖市に帰省中の栄田秋実さん(ときみ、74、二世)=パラグアイ在住=は、当地在住の妹に誘われて講演会に訪れた。「知っていることも多いが、役に立つ内容もあった。食べ物に気を遣う必要があると改めて感じた」と振り返った。

 聖市在住の勝呂チエコさん(62、二世)は福祉部主催の講演会や体操教室にも積極参加しており、「丈夫な骨を作るため、また太らないようにするための食事方法を学べた。次回の講演にも来たい」と笑顔で語った。

 講師のエレナさんは本紙の取材に対し、「30代や40代の若い人でもバランスの取れた食生活が送れておらず、カルシウム不足になっている。それに肉、米、豆が中心のブラジル食は鉄分を取るにはいいが、揚げ物が多いので油分をとり過ぎてしまう。食事管理に気をつける必要がある」と注意を促した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に2014年3月26日 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に ニッケイ新聞 2014年3月26日 2011年3月から3年間、在サンパウロ総領事館に勤務した成田強領事部長(63、新潟)が退官するにあたり、飯田茂さん(61、埼玉)が就任、あいさつのため本紙を訪れた。 成田さんは欧州、中東、アフリカ諸国が主な海外勤務地で、ブラジル駐在は初めて […]
  • 左から鈴木、島田さん2014年3月19日 商議所昼食会=過去最多170人が出席=パ国商工相講演、総会も ニッケイ新聞 2014年3月19日 ブラジル日本商工会議所(藤井晋介会頭)の3月定例昼食会が14日、聖市ホテルで行われた。史上最多の170人が出席した。 独自のプログラムで人材開発を行う「コーチ・エィ」取締役社長鈴木義幸氏(47)、千葉商科大学の島田晴雄学長(71)が講演し […]
  • 50人以上の関係者を集め各種の研修報告を行った2014年3月8日 南米4カ国農業者が連携=50人がイビウーナで会議 ニッケイ新聞 2014年3月8日 日本の農林水産省からの「平成25年度中南米日系農業者 連携交流委託事業」で、中央開発コーポレーション(CKC、本社=東京都新宿区)が先月11、12の両日、聖州イビウーナ市で「第2回連携強化会議」を行った。 当地を中心にアルゼンチン、パラグァ […]
  • 水耕栽培を行う下田さん親子2014年2月19日 農業連携交流事業=イビウナ水耕・有機の現場へ=南米各国から50人参加=現場の状況に関心高く ニッケイ新聞 2014年2月19日 中央開発コーポレーション(CKC、本社=東京都新宿区)が日本の農林水産省から委託を受けている『平成25年度中南米日系農業者連携交流委託事業』の一環で11日、ブラジルを中心にアルゼンチン、パラグアイ、ボリビアから約50人が聖州イビウナ市の農 […]
  • 《寄稿》 心の琴線に触れる美談=山本勝造氏への報恩で寄付=パラグァイ 坂本邦雄2014年1月11日 《寄稿》 心の琴線に触れる美談=山本勝造氏への報恩で寄付=パラグァイ 坂本邦雄 ニッケイ新聞 2014年1月11日 普段は義理人情に疎い筆者だが、この度、病の床から元戦後ブラジル移民の北島績さん(勿論全然存じ上げぬ)が複数の日系福祉団体へ一千万円をクリスマスのプレゼントとして寄付した奇特な記事を、サンパウロの12月21日付「ニッケイ新聞」で読み、深い […]