ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年1月22日

 W杯真っ最中の7月4日から選挙運動が始まる。話題の東京都知事選などは2週間余りだが、当地では足かけ3カ月もあるので、膨大な手間と費用がかかる。選挙期間が長い方が〃軍資金〃を持つ既存の政治家に有利だし、それゆえに汚職に手を染めやすい。本来はもっと政治家の新陳代謝を促進する選挙制度の方が望ましいことは言うまでもない▼しかも2年ごとに市政選挙と国州政選挙を繰り返す。自ら出馬しない年でも、同じ党の候補者を手伝う必要があるから政治家には大きな負担だ。2年ごとに選挙準備作業を含めて半年間、彼らは本来の国を良くするための活動ができない▼〃軍資金〃が必要だから、当地政治家の多くは汚職を何とも思っていないと聞く。その点、汚職をしない性向を持つ日系政治家は不利だ。「悪貨は良貨を駆逐する」という金言があるが、倫理なき政治は「弱肉強食」の世界だ。日系政治家が勝ち抜くためには日系団体の支援が不可欠なはずだ▼安部順二下議と先日話した折りも、「かつての移住者は農業を通してブラジル発展に尽くす心意気が強かったが、今の若者は関心が薄い。もっと国を良くするための議論の場がほしい」と語っていた。106年も経ったのだから、日系団体は親睦や文化普及だけでなく、日本的な考え方をもって当地を良くする方策をもっと考えていい。とくに選挙権を持つ青年部だ▼これから各地で総会が開かれる時期だ。ぜひ各鉄道沿線で連合会青年部を集める機会を作り、日系政治家を呼んで公開討論会をしたらどうか。「日系らしい視点」からこの国を良くする――そのための議論はまさに〃次の百年〃の重要な活動だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2013年12月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月17日  チリ大統領選でミチェレ・バチェレ氏が大統領に返り咲くことになったが、これで中南米にはブラジルのジウマ大統領、アルゼンチンのクリスチーナ大統領、コスタリカのラウラ大統領と4人の女性大統領が存在することになる。さらに中南米にはジャマイカのミラ […]