ホーム | 日系社会ニュース | 伝統と現代、日伯が融合=津軽三味線奏者 大野敬正さん初来伯=ガイジン戦隊と共演

伝統と現代、日伯が融合=津軽三味線奏者 大野敬正さん初来伯=ガイジン戦隊と共演

ニッケイ新聞 2014年1月24日
カラグア日本祭りで熱唱する大野敬正さん

カラグア日本祭りで熱唱する大野敬正さん

「伝統音楽を守りながら伝統音楽を壊す」をモットーに、世界で活躍する津軽三味線奏者の大野敬正さん(38、新潟)がこの度初来伯し、17日、サンパウロ州カラグアタツーバ市でバンド「ガイジン戦隊」が開催した『第1回カラグア日本祭り』に出演した。

8歳で津軽三味線を始め、12歳という若さで名取を襲名。7年前、「伝統楽器をこのまま終わらせたくない。伝統を進化させよう」と、海外普及を目指してパリに移住した。現代楽器を取り入れた斬新な演奏で、欧州を中心に活動をしている。これまで公演に赴いた国は22カ国。アフリカ開発会議(TICAD)や10年のFIFAW杯など公式行事にも招かれている。

同市生まれの「ガイジン戦隊」は、アニメや特撮の主題歌を専門とするブラジル人によるロックバンド。ボーカルのノルダン・マンスさん(32)は、「ポルトガルであったアニメ・フェスティバルで大野さんの演奏を聞き、好きになった。自分たちのスタイルと似ていると思った」と彼との出会いを語る。

ノルダン・マンスさん(ガイジン戦隊のサイトより)

ノルダン・マンスさん(ガイジン戦隊のサイトより)

さらに、それぞれが所属する事務所の関係者同士が知り合いだったことから、今回自らが主催した祭りに招へい。満席となった市最大のマリオ・コヴァス劇場で共演、アニメ「ナルト」や「聖闘士聖矢」の主題歌を熱唱し会場を盛り上げた。

大野さんは「とても楽しそうに聞いてくれ、踊りだす人までいた。今度来るときは踊りやすく、ハッピーになれるような曲を作り、リオやサンパウロでも演奏したい」と笑顔を見せた。

ノルダンさんも「できたら今年中にもう一回彼を呼びたい。来年は南米の他の国にも連れていければ」と意気込んだ。

日伯、そして伝統と現代が手をつなぎ、日本文化を世界に知らしめるというユニークな取り組みが始まりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • 沢山の来場者2014年7月8日 日本祭り=大盛況! 18万人来場=W杯の影響、ものともせず=文化体験スペースも人気  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の『第17回日本祭り』がサンパウロ市イミグランテス会場で4~6日にあった。W杯と日程が重なったことで人出を危ぶむ声もあったが、前年同様、約18万人が来場した。特設舞台では太鼓やダンスなど約100演目が披露され、ミスニッケイ […]
  • コラム オーリャ!2014年2月21日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月21日  W杯で日本から来る来伯者にとって、日系社会と言えば、「サンパウロの宿泊地に県人会があるらしい」程度だ。  せっかく山ほどの日本人応援団が来るのだから、7月の日本祭りなど日系イベントの参加も積極的に呼びかけてみてほしい。参加はできなくとも、 […]