ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月25日

 聖市南部カンポ・リンポとタボン・デ・セーラ市との市境地帯の二つの池と七つの小川が22日の夜に洪水状態となり、池や小川にあったゴミが地上に流れ出し、近隣のエンブー・ダス・アルテス市にまで及んだ。自動車道によっては2キロに渡って冠水する事態が起こり、さらにカンポ・リンポのある地点では水位が1・5メートルに及ぶところもあったとか。これは池の清掃がされてなかったのがそもそもの原因で、大雨によって溢れ出したよう。23日、同地区の住人は雨で台無しになった車に火をつけるなどして抗議運動も行なった。

     ◎

 22日午前6時頃、聖市西部マルジナル・ド・ピニェイロスのバンデイランテス大通り付近で、24歳の看護師の男性が、オートバイで走って来た男に窓越しに銃で首筋を撃たれ重傷を負う事件が起きた。その衝撃で車は転覆したが、助手席に座っていた妻(31)に怪我はなかった。だが看護師の男性は病院に運ばれ予断を許さない状況だ。犯人は現在も逃走中。オートバイで高速走行中、1人で狙撃までする犯罪はきわめて稀なため、動機をつかみあぐねているという。

     ◎

 FIFAは23日、ワールドカップの公式ソングを歌う歌手を発表した。伯国の人気女性歌手クラウジア・レイテに、世界的に大人気の南米系アメリカ人歌手のジェニファー・ロペスとピットブルとの共演になることを発表した。伯国ではイベッチ・サンガーロにつぐ2番手的存在のクラウジアだが、いよいよ世界的存在になれるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ