ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人に2人に近い高さになっていることがわかった。在任中の支持率は80%に届こうかという時期があったことを考えると、この数字は屈辱的にも映る。サンターナ氏に関する捜査の今後の展開や、聖州の疑惑の住宅問題2件の進展いかんで状況がさらに悪化するのは必至。まさにがけっぷちの状況だ。
     ◎
 20日、21日の両夜に強い雨が降ったことにより、聖州の各水系の月間降水量は順調に増えている。カンタレイラ水系の水位は22日午前9時現在で20・9%となっており、サンパウロ水道局(Sabesp)が水資源庁(ANA)に「未開の水域もカンタレイラの正式な貯水として計算してほしい」という願いを出していたが、21日に却下された。未開水域を含めた貯水量を従来の貯水量を100として計算した貯水率は50%を超えているが、地道な回復の方が良いのでは。
     ◎
 20、21日に行われたサッカーの聖州選手権で、コリンチャンスは伏兵のフェロヴィアリアに先制され、さらに突き放される苦しい展開になるも2―2で引き分け、今季初の公式戦敗北を免れた。サンパウロFCは、ウルグアイ代表の人気選手ルガーノの10年ぶりの同チーム復帰戦となったリオ・クラーロ戦を、1―0で飾った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年2月13日 東西南北  下院でのジウマ大統領罷免審議はなかなか進展しないが、その一方で、野党側のジウマ政権打倒のもう一つのシナリオである14年大統領選での不正疑惑は進んでいる。ラヴァ・ジャット関連企業からの裏金疑惑は、ジウマ氏の選挙参謀のジョアン・サンターナ氏にも及びそうだが、選挙資金の名を借りた贈 […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、聖市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジ聖市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及んだ。これを作っ […]
  • 東西南北2016年4月13日 東西南北  11日の下院の特別委員会が、下院でのジウマ大統領の罷免審議継続を承認し、17日に運命の投票が行われることも決定的となった。本会議での審議は15日からはじまるが、その前からもジウマ氏は苦難続きだ。アンドラーデ・グチエレス社の元社長が先週、10年と14年のジウマ氏の大統領選への献 […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]